World Street Food Congress(世界屋台料理フェスティバル)にて

  • 2013.06.09 Sunday
  • 16:17
 料理の先生から情報をいただいたので、フェス最終日になってしまったのですが、屋台料理好きの夫と出かけてきました。

場所はF1ピットのビルの前。シンガポールフライヤーのとなり。



11時からというのを知らず、11時少し前に到着。
すぐに会場が開きましたが、最初はガラガラでした。


その分ゆっくりと好きな料理をチェック出来たのでよかったです。
お昼に近くなると、どんどん人がやってきました。
最終日なので入場料は免除。入口でクーポンを30S$分買って入場。(中であと10S$買い足しました。)37店舗出店していたようですが、いくつかの店は閉まっていました。

私たちが食べたものは…

 インドネシアのKerak Telor(ケラックテロール)というお好み焼きみたいな!?スナック。上に揚げココナッツや干しエビ、揚げ玉ねぎがかかっています。
なかなか美味しかったです。






炭火で焼いていて焼き加減が絶妙でした。



オムレツみたいな感じの緩い生地ですが、中に色々入っているようでした。(ちょっと調べたらもち米、それから卵(伝統的なものはアヒルの卵)に調味料を加えるようです。)


 メキシコのシーフード・トスターダ(Seafood Tostada (Tostada de Mariscos))

トスターダとは揚げたタコス生地の上に色々載せて食べるものを言います。
セビチェという海鮮マリネの上にマヨネーズベースの特製ソース、パプリカ風味のタコと海老、そしてメキシコ料理には欠かせないアボカドをのせ、最後に唐辛子風味のソースがかかっていました。これで10S$ とちょっと高いけど、久しぶりにたこを食べられたし、すごく美味しい味つけだったので満足でした。



店の前には元気で陽気なお姉さん。メキシコ刺繍のブラウス姿が素敵。




 インドネシア料理のNasi Manado, Pisang Roa

インドネシア、スラウェシ島のマナド(メナド)の料理のコンビネーションプレート。
サテ(豚肉)と揚げたお魚(多分カツオ)を唐辛子ソースでからめたもの、トウモロコシの揚げたもの、いんげんとなす、コーンの炒め物、トマトとセロリの和え物(ダブダブ)。どれも食べやすい味でした。サテがおいしかった。マナドはフィリピンに近いのでフィリピン料理っぽい感じもしました。






 インドネシア料理のSoto TangkarとSate Kuah(スープの中に入れて食べるサテ)

牛肉のサテをココナッツ風味のスパイシーな牛肉スープ、ソトに漬けて食べる料理。
サテをスープにつけて食べるのが珍しくておいしかったです。






 ヴェトナムのChuoi Nuong、 もち米とバナナのココナッツ味のデザート。

これがすごくおいしかったです。ココナッツのデザートは東南アジアにいろいろありますが、
今まで私が食べた中でもかなり上を行く味かと思います。
お店の前に出ていた看板の説明によると、ココナッツの汁に浸して蒸したもち米をバナナの周りに巻き、それをバナナの皮で包み、外側が香ばしくなるまで炭火で焼いてから、甘いココナッツソースと入りゴマをかけて食べるお菓子だそうです。
炭火は難しいけど他の部分はできなくもないので作ってみたい気分にさえなりました。







シンガポールのミシュラン、Makansutraの主催ということで、会場ではフェス限定グッズも販売。最終日ということでこちらもお買い得に。
腕時計を衝動買い。



シンガポールのプラナカンお菓子が載っていて可愛い。
見ているとカレーパフが食べたくなります。


今回は食べたことのあるものや普段食べられそうがないものを選んでみました。
短い時間で色んな料理が味わえて楽しかったです。

ゲイランでシーフード

  • 2013.04.27 Saturday
  • 21:08

なぜかいままでチリクラブを食べたことがなかった・・・。
ということで、ゲイランにシーフードを食べに行きました。
シンガポールの中では比較的安く美味しいものを楽しめるエリアですが、人が多く、かなりごちゃごちゃしています。
でも、逆にこのごちゃっとしたアジアっぽい雰囲気が好きな方にはおすすめ。
冷房はないけど、外の席でテーブルを囲んでワイワイと食べるのが楽しいです。

私たちが出かけたのはNO SIGNBOARD(ノー・サイン・ボード)というお店。
外の席を予約。席数はかなりあるけど、19時ごろには地元の大家族連れの人たち等であっという間に満席になっていたので予約してよかったです。





ふかひれの卵炒め。レタスに包んで食べます。優しい味。



バンブーシェルという貝のニンニク蒸し。病みつきになる味。



揚げどうふと海産物の煮込み。ちょっと甘いお醤油風味のあんかけがおいしいです。



そしてメインのレッドチリクラブ。存在感抜群で味も美味だけど、食べるの大変でした。
皆無口に。



カニ炒飯。出汁がでてます。



〆はマンゴープリン。

お腹いっぱいで満足な週末でした。

☆ノーサインボード・ゲイラン店
http://townnote.jp/10295194



シンガポールのお菓子〜プラナカンの餅菓子とマレー風かき氷チェンドル

  • 2013.04.25 Thursday
  • 16:17
朝、 近くの市場に買い物に行った帰りに久しぶりに2階にあるプラナカンお菓子のお店に寄ってきました。
このお店、人気なのか、お昼頃行くと私の好きな生餅菓子はほとんど売り切れてしまっていて、なかなか買えなかったけど、今日は色んな種類がありました。

まずはお目当てのオンデ・オンデ(Onde Onde)、お餅の中にペースト状のやし砂糖が入っていて、外側にはココナッツがまぶしてあります。




そして、ココナッツ風味の餅菓子、クエ・ラピス(Kueh Lapis)お店によって色合いが違います。
これはピンクでかわいい感じ。ほどよい甘さ。



それから、同じく餅菓子のクエ・コー・スィー(Kueh Ko Swee)。クエ・ラピスとは食感が微妙に違う感じ。中には何も入っていなくて、ヤム芋、カボチャ等のペーストが練り込まれてある。
甘さはやし砂糖でこちらもほどよいかんじ。



今日買ったのはこの3種類です。

色がカラフルすぎてちょっとびっくりする人も多いかと思いますが、すべて自然のもので着色しているし、味は日本人好みなので、見かけたらぜひトライしてみてください。


最後に、この間、夫がチェンドルというマレー風かき氷を食べたのでそれも載せておきます。
緑色のは弾力性のあるゼリー状のものです。



ココナッツ風味で甘さは強めですが、小豆が入っているからかなんだか懐かしい味もします。

シンガポールのあずきバー

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 21:10
 近所のスーパーでみつけた、アイスバー。
なんと小豆バーです。ミルクじゃなくてココナッツミルク味だけど、これがはまる美味しさでした。
赤い箱のがそれで隣の黄色い箱のはヤム芋ココナッツミルク味と、黒米ココナッツミルク味。
もう少しローカル度合いが高まりますが、この二種類も美味しいです。

『その昔、アイスクリーム売りが自転車でベルを鳴らして売りに来ると、子供たちが集まった、昔からの味。』と箱に書いてあるので、日本と一緒の風景があったのだなあと思いました。

大きさもちょうど良いので、冷凍庫の常備品になりそうです。



調味料を買いに。

  • 2013.03.01 Friday
  • 18:21
引越しの片付けが一段落したので、生活を充実させるものを少しづつ買い足していくことにしました。

日々の料理に必要な、砂糖、塩、醤油、酒、酢、味噌などの基本的な調味料は日本から持ってきたり、こちらに来てすぐに買ったりして、すでにそろっていますが、それだけだとちょっと物足りなくなってきたので、今日は調味料を物色しに行ってきました。

ちょっと高めだけど、様々なものが揃っているスーパーへ。

昨日作ったポトフをカレー味に変えたかったので、まずはスパイスを見に。
カレーパウダーは一応売ってたけれど、大量パッケージだったので、ガラムマサラとターメリックを買いました。
ガラムマサラはカレー粉の基本成分と言えますし、これに色付けのスパイス、ターメリックを加えれば十分かなと。
とはいえ、ガラムマサラはメーカーによって使われているスパイスが違うので、種類が少なめのようなら、それにプラスするスパイスを増やすなどすると味が深まるのでいいかなと思います。
今日のガラムマサラには、コリアンダー、クミン、フェンネル、シナモン、クローブ、ナツメグ、スターアニス(八角)、カルダモン、ジンジャーの9種類がふくまれていました。マレーシア製です。



次は豆板醤。近所のスーパーにも李錦記(メーカー名)のものは売っているけど、なんとなくそれだと変わり映えがしないかなあと思い、買わないでいました。おかげで、台湾製の美味しそうなのが見つかりました。
マーボー豆腐作ってみてまた報告します。

ハチミツはオーストラリア産のものが大半です。
マヌーカハニーは美味しそうだけれど、1500円くらいするのでとりあえず普通のを買いました。
パッケージで選んだ感じ。

最後に、スパイスの棚を見ていたら欲しくなって買ってしまったもの。イギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバーのチリソルト。グレンダーつきで、本格的。お肉料理やサラダなどにかけたら美味しそう。これ、日本に売ってないようなら、良いお土産候補になるかもです。


今日の収穫は以上。大きなスーパーへは、ある程度見るものを絞って行くとなかなか面白いです。
ほかのスパイスシードはインド人街に行って調達しようと思っています。
生のハーブもそこそこ市場で見かけたので、今後紹介したいです。


6年ぶりの・・・。

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 16:52
シンガポールの旧正月は2月10日、もうすぐそこ。
わたしにとっては、6年ぶりのシンガポールでのお正月です。

中華系の人々が人口の75%以上を占めるこの国は今、赤一色。




チャイナタウンのお菓子屋さんに旧正月につきもののお菓子を買いに行きました。

以前ブログ記事にも書いた、Love letterという名前のお菓子です。
ポルトガルにルーツを持つこのお菓子、優しい甘さにバターが効いてとてもおいしいです。
旧正月の時期にしか味わえないうえ、ここのは早めに行かないと売り切れてしまうので、あってよかったです。6年前と味は変わらず。

迷った末、アーモンドクッキーも買いました。
こちらはさくっとした食感で、程よい甘さで、アーモンド味が口に広がる素朴なクッキーです。

このお店の他のお菓子は「春節のお菓子」と題してまた別のブログ記事に書いています。
特別なお菓子が楽しめる旧正月前は甘いもの好きにはたまらない時期です。




帰りがけ、別の通りを歩くと、黄色いヘビがいました。



大きさの割に顔が可愛い。夢中で撮っていたら、車にクラクションをならされてしまった・・・。
気をつけなければいけませんね。



タイカレーの缶詰

  • 2012.08.24 Friday
  • 17:18
 夫が知人から、某100円コンビニで売っているタイカレーの缶詰がおいしいという情報をもらってきたので、さっそく購入して食べてみました。

この缶詰、メーカーのタイ工場で試作してみたところ、好評だったので販売するようになったとのことです。

グリーンカレー、イエローカレー、レッドカレーの3種がありますが、100円コンビニではグリーンカレーは売り切れ。たまたま近所のスーパーで130円程度で売っていたので、グリーンカレーはスーパーで購入。




缶のデザインは黄色、赤、白とカラフルな感じ。今日はグリーンとレッドの2種類を食べてみました。



レッドは甘めで味のバランスがよく、かなりおいしかったです。



グリーンは、味付けがちょっと塩辛く、グリーンカレーペーストの分量がもうちょっと多かったら良かったかなあと思いましたが、缶詰ということを考えると十分なおいしさです。

ツナ缶メーカーだけあって、具のツナがたっぷり入っていて美味しいし、分量的に一人で食べるのにちょうどいい量。缶詰なので長期間保存がきくのが嬉しいです。
黄色の鶏のイエローカレーを食べたらまた報告します。

ところ変われば・・・。

  • 2010.10.31 Sunday
  • 17:59
 アフリカの某国に行っている夫が野菜の写真を送ってきました。
オクラの形が日本のものとはちがってずんぐりむっくりでかわいいので写真を載せることにしました。
夫曰く、日本のものよりもだいぶ粘り気があるけれど、くせは強くないそうで。
オクラはアフリカ原産といわれています。この形の方がもともとのものに近いのかなあ・・・。







市場はこんなかんじだそう。

牡蠣づくし

  • 2010.10.14 Thursday
  • 23:00
タイから一時帰国中の友達が、「生牡蠣食べたい!」ということで、銀座の楸(ひさぎ)というお店に行ってきました。 
場所は、東銀座に程近い、小さなビルの2階。カウンターに、テーブル席が3つくらいかなあという小さなお店でしたが、予約で席はほぼ一杯。友達と、予約しておいてよかったねと目配せ。

食べる前に、お店の人から「牡蠣を食べて前に当たったことがある人は当たりやすいので、そういうことはないでしょうか?」など、食する際の注意を受けました。
特に問題ないと思える私たちは自分の責任で食べますって言う具合で、注文開始。
コース料理のほうがお得ということで、
前菜、焼き牡蠣、生牡蠣(3種)、牡蠣の炊き込みご飯にデザートとコーヒーつきの、基本コースを注文しました。

まず出てきたのが、前菜3種。れんげに入っているものから逆時計回りに召し上がるといいですとのことで、その通りに。牡蠣に白海老と海苔が載ったもの、牡蠣とあんきも(オリーブオイルが効いてて美味しかった。)、牡蠣の牛肉巻き。牡蠣は新鮮だし、食材との組み合わせもなかなかばっちりでした。



つぎは、牡蠣の茶碗蒸し。(前菜)牡蠣の味が良い出汁になって、優しい甘さで、
これは密かに絶品でした。



焼き牡蠣。産地教えていただいたが、頭に残らず・・・。たぶん伊勢の方。
バルサミコが入った、オリジナルの味付けでよかった。




続いて、生牡蠣3種。これもそれぞれ産地が違いました。右下から時計回りにどうぞということで、
そのとおりに。右手前は焼き牡蠣と同じ産地のもの。軽めです。真ん中のはボディーがあるかんじ。三つ目のかぼすを絞って食べたものが一番ミルキーで好きでした。
まだ、出始めだからかちょっと小粒ですが、どれも新鮮。




〆は牡蠣の炊き込みご飯。お醤油出汁味。これもとてもおいしかったです。
お腹は結構一杯に。フォンデュー頼まなくてよかったです。



贅沢な牡蠣づくしコースを楽しく味わえました。秋が深まると、出される牡蠣の産地も変わるのかなあと思ったり・・・。小さいお店なので、雰囲気は特に良いというわけではないけれど、料理はとてもおいしかったです。
ランチ限定のカレーのメニューもあるようなんで、昼も行ってみたいです。

タイ・キューピーのスパゲッディソース

  • 2010.08.13 Friday
  • 13:56
この間、バンコクで買ってきた、タイ・キューピー社のスパゲッティ・ビーフソースを食べてみました。
牛を食べる人がそんなにいないお国柄らしく、肉の種類がタイトルに書いてあるのがおもしろい。
日本だとミートソースといったら、まずビーフ肉だけれど。

味の感想は、甘めだけれど味は濃かったです。やはりタイ人向けに作ってあるのかな・・・。
ただ、特に美味しいってわけではないけれど、十分食べられます。
なんとなく懐かしい気がしたのは、昔給食で食べてた味にちょっと似ていたからかもしれません。
レトルトなので手ごろなのが良いです。

赤が目立つパッケージです。


見た目は日本のものと変わらずです。





calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM