特製!?ビルマ風カレー

  • 2007.05.13 Sunday
  • 23:34
昨日から夫が『ビルマカレーを作るぞ!』と張り切っていたので、今日は午前中リトルインディアのウェットマーケットに行って材料を買ってきて、夕方から一緒にカレーを作りました。
ビルマ風カレーは大学時代に夫がビルマ人の先生から教わった味を自己流にアレンジしたものです。たまねぎをたくさん使うのと水をあまり入れないのが特徴。気が向くと作ってくれます。
といっても、たまねぎ刻み係はいつも私なので今日も大泣きしました。
たまねぎは4個刻みました。実は私はたまねぎ嫌いなのだけど、カレーになる頃には、形がほとんどなくなってしまうためかなぜか食べられます。


材料は骨付き鶏肉、たまねぎ、にんにく、トマト、しょうがとカレー粉(今日は市場のおじさんのスペシャルブレンドを買ってきました。)、ガラムマサラ等の香辛料、そして調味料(しょうゆ、ナンプラー、塩、こしょうといったもの)です。
くわしいレシピは門外不出!?と言うことでごめんなさい、省略です。

1時間くらい煮込んだらいい感じになってきました。


さあ、いただきます!今日もおいしくできました。




旧正月限定セット at Mac

  • 2007.03.02 Friday
  • 20:14

友達と久しぶりにお昼、マク○ナルドに行ったら春節限定セットがでていました。
その名もLongevity Set(長寿セット)とProsperity Set(繁栄セット)。中国文化らしいネーミングですが、その差がポテトと飲み物の種類の違いなのがおもしろい。
ハンバーガーはどちらのセットもProsperity Burgerですが、お肉はビーフとチキンを選べます。信仰上の理由からか、シンガポーリアンは牛肉を食べない人が多いので。
そして、ポテトは長寿セットだと日本と同じ形の細長いフライトポテトで繁栄セットだと三日月形のフライドポテト、ジュースは長寿セットがコーラ、繁栄セットだとオレンジジュースです。ポテトか飲み物どちらか一方だけ、繁栄セットのものにしたい場合は、長寿セットにプラス料金を払うと変更できます。
長寿セットと繁栄セットの値段の差は70セントだったので60円弱というところです。
長寿セットのほうが繁栄セットより安いのが面白い。長いポテトは長寿を、オレンジジュースは縁起物のみかんに掛けていると思いますが、繁栄セットのほうが全体運UPが望めるから高いということでしょうか・・・。

Prosperity Burgerは中国のお正月らしい真っ赤なパッケージに入っていました。
さて、お味のほうは・・・。
黒こしょうがきいていて結構スパイシーでしたが、具はお肉と玉ねぎだけだったのでレタスなどの青い野菜を入れたらおいしさが増すのになと思いました。シンガポーリアンはあまり野菜を食べないから気がつかなかったのかもしれないです。



日本のマ○クでもお正月限定のスペシャルセットは販売されるのでしょうか?ちょっと気になったのでご存知の方は教えてください。

Love Letter

  • 2007.01.31 Wednesday
  • 01:39
・・・はココナッツミルクと小麦粉、牛乳、卵を混ぜて焼いたお菓子の名前です。
春節によく食べられるお菓子のひとつ。
チャイナタウンの老舗お菓子屋さんで買ってみました。
真っ赤なきれいな缶を開けるとぎっしりと筒状のお菓子が入っていました。
優しい甘さのサクッとした歯ざわりがあとを引くおいしさです。


このお店で、パイナップル・タルトも買いました。
伝統的なニョニャ料理(中国、ヨーロッパとマレーシア文化が融合して出来た。)のお菓子です。


このお店のものは中に入っているパイナップルの餡が絶品な上に、外側の生地がサクッとした軽い味でほんとにおいしいです。春節の前に食べ終わってしまいそう。



もう一品。別の場所で買ったお菓子を最後に紹介します。
Egg-rolls Kingという卵をたくさん使っていそうな繊細な筒状のお菓子です。
卵菓子特有の優しい甘さとサクッとした歯ざわりがたまらないです。大きな缶に入った香港製。これもあとを引きます。



春節のお菓子はまだまだたくさんあって、どれもおいしそうなので困りもの。
日本にもあるけれど、ポルトガル菓子の影響を受けた卵を使った素朴なお菓子が多いような気がします。
シンガポールの英字紙Strait Timesに、スーパーマーケットで売られている春節のお菓子の味の比較記事が出ていました。
それによると、パイナップルタルトとクイ・バンキット(ココナッツクッキー)は大量生産なので菓子店のものより大分味が落ちるけれど、Love Letterはそこそこいい味のものが出てきているそうです。興味深いコメントでした。

杏仁豆腐味のクッキー

  • 2007.01.22 Monday
  • 20:09


今年の春節(旧正月)は2月18日。シンガポールのチャイナタウンやデパートの飾りは今、赤一色。
春節用のお菓子や食べ物があちこで売られ始めたので、チャイナタウンのデパートまで、なにか美味しそうなお菓子がないか見に行きました。予想通り、綺麗な缶に入ったお菓子やら、プラスチックの入れ物に入ったお菓子やらいろいろありました。

どれを買おうか迷った末、この間初めて食べて美味しいなと思った杏仁クッキーを買いました。今日買ったのは、マカオのお菓子屋さんのもの。素敵な赤い缶に入っています。
杏仁豆腐の味がするだけでなく、細かく砕いたアーモンドも入っていてちょっと高級な感じ。かなりおいしくてはまる味。
潮州のウーロン茶、鳳凰単欉と一緒に味わったら後味すっきりで美味しさ倍増でした。
春節までまだ間があるからまた違うお菓子も味わってみたいです。

海南チキンライス in Singapore

  • 2007.01.17 Wednesday
  • 18:14


鶏インフルエンザもなんのそので、タイにいたとき良く食べていた、カオ・マン・ガイ。東南アジアに広まっている料理なので、当然シンガポールでもおなじみの食べ物です。
こちらでは(Hinamese) Chicken Rice ((ハイナミーズ)チキンライス)といわれています。
タイのものとの違いはタレ。
シンガポールのタレはニンニクとチリと油だけでできているかな・・・。なので、それに加えて、パクチー(香草)などのタイハーブが入っているタイのタレのほうが私は好み。
ただ、今日マーケットのホーカーズで買ってきたチキンライスはご飯がすごいおいしかった!長細いタイのお米より水分を含みやすい丸めのお米だからか、お米にチキンスープの味がたくさん入っている感じです。このゴハンだけでも十分おいしい!
シンガポールに来てから、チキンライスは何箇所かで食べたけど、どれもいまひとつだったのですが、初めて「また、食べたいな。」と思わせる味のチキン・ライスを発見しました。これで2ドル(150円くらい)は安いです。
テイクアウトだとスープはないけれど、その場で食べたらスープつき。ちょっとやみつきになりそうです。

楽しい食卓〜新メニュー誕生!

  • 2007.01.14 Sunday
  • 23:39


朝、チョンバル(Tiong Baru)のウェット・マーケットに行ってきました。
ここに来ると新鮮な野菜や魚・肉に出会えるので嬉しいです。

シンガポールのローカルフード、ヨン・タオ・フー(シンガポール版おでん)
の具と、センネンダイを一匹買ってきて、鍋を作りました。

センネンダイはフエダイの一種で、東南アジアではおなじみの魚。
タイではプラー・カポン・デーンと呼ばれていて、美味しい魚として有名です。
タイ・ハーブと煮たりします。実が柔らかくてクセがないので、和食の煮魚に使っても合うと思います。


魚のすり身でできた日本のおでん種に似た具は美味しそうなので前から気になっていたのですが、どうやって使おうか迷っていました。夫が「鍋にしたらぜったいおいしいぞ!」というので、やってみることにしました。なるほど、なかなか美味しい鍋が出来ました。

土鍋を久しぶりに使いました。昆布とかつおぶしでダシをとり、
市場でうろこを取り4つに切ってもらった、センネンダイをさっと湯引きしてから、鍋に。
あとは野菜と、最後にヨン・タオー・フーを入れて、野菜が煮えてぐつぐついってくるまで火を通したらできあがり。
残ったスープを漉して、うどんを入れて食べたらこれもまた美味でした。
ちょっとチャレンジでしたが、シンガポールならではの食材でおいしい料理ができて満足、満足。

ドラゴンフルーツもいろいろです。

  • 2006.12.22 Friday
  • 00:20


ウェットマーケットで友達が教えてくれた、今の時期にしか出ないドラゴンフルーツ。
タイでよく見ていたものより大分小さくて色も黄色です。中身は白に黒いつぶつぶで同じ感じだけど、大きいものよりだいぶ味が濃くておいしかった。


ドラゴンフルーツ(ピタヤ)は南米原産のサボテンの果実。水気たっぷりなので水分補給にはいい感じです。

リンゴンベリーソーダ

  • 2006.12.14 Thursday
  • 20:13

「かもめ食堂」のDVDを見て以来、このところのマイブームは「北欧」です。
北欧の国々は、冬は午後をちょっと過ぎると暗くなるんだそうです。ほんとに夜が長いんですね。

イ○アの小さな食料品スーパーで濃縮タイプのリンゴンベリージュースを見つけました。
リンゴンベリーはこけももの一種で北欧では欠かせない果物。
早速購入、家に帰って炭酸で割って飲んでみたら、甘ずっぱっくってとっても美味しかったです。色も赤くて綺麗なのでアルコールがだめな人のクリスマスの飲み物にも良いかもな・・・。ヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しそうです。

☆日本のイ○アでもどうやら同じ物を売っているようです。良かったらぜひ試してみてください。

はまる味〜フィッシュヘッドカレー

  • 2006.12.02 Saturday
  • 22:13
"The Popular Food Guide@Singapore”と言う英語ガイドブックに載っていたお店に、シンガポール名物のフィッシュヘッドカレーを食べに行きました。
ラッフルズホテルから程近い場所にあるその食堂は、とっても感じのいいおじさんとその家族らしきお姉さんたちが切り盛りしているようでした。
知らずに閉店ぎりぎりに入って注文したにも関わらず、おじさんは親切にメニューのアドバイスもしてくれました。
空心菜の炒め物とフィッシュヘッドカレーを頼みました。

空心菜の炒め物はタイとはまたちょっと違うピリ辛味で美味しかった。


しばらくたって、土鍋に入ったフィッシュヘッドカレーが出てきました。

鍋の中ではカレーがぐつぐついっていて本当においしそう。辛さは思ったより強かったけど、カレースープはさらっとあっさりしていて食べやすいし、具のお魚とオクラもおいしくて夫とふたりで夢中でたいらげてしまいました。



この味は初めてだったのでまた行きたいです。
「フードコートよりもちゃんとしているけど、大衆食堂からははみ出ない美味しいレストラン開拓もいいよね。」と夫と話しながら帰ってきました。

*SG Curry Fish Head Restaurant*
  Seah通りにあります。

Sour Sop ジュース

  • 2006.11.19 Sunday
  • 18:51
チャイナタウンのフード(ホッカー)センターで新しい味に出会いました。
Sour Sopという果物(日本名:トゲバンレイシ、タイ名:トゥリアン・テート)のジュースです。乳白色の色が優しくて、ほんのり甘めの味がなんともいえない。
果肉も入っていて、それはちょっとすっぱ甘くてあっさりした味でおいしかったです。
タイにはノイナー(バンレイシ・Sugar Apple)という同じレイシの仲間の果物がありました。ノイナーも好きですが、サワーソップの方がノイナーよりも大分甘さが抑え目で酸味のバランスがいい気がします。
これはちょっと病みつきになりそうです。



参考資料:
「東南アジア市場図鑑 植物篇」吉田よしこ、菊池裕子著 弘文堂刊

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM