Vesak Holiday(仏誕節)

  • 2007.05.31 Thursday
  • 23:32

今日はVesak Holiday(仏誕節)でした。
上座部仏教ではお釈迦様が、生まれた日(降誕)、悟りを開いた日(成道)、涅槃に入った日(入滅)は同じ日とされ、それは陰暦6月の満月の日に生じたと信じられています。ですから、仏教徒にはとても大事な祭日なのです。タイではウィサーカ・ブチャーと呼ばれるお祭りの日で、お寺で供養が行われます。
現在では、多くの国が、5月の満月の日をこの祝日にしていますが、今年は2日あったので、国によって祝う日が違ったとのこと。それで、スリランカ、インド、マレーシアでは5月1日で、シンガポールとタイは今日というわけです。

昨日の晩は花火が上がったり、ろうそくパレードが行われたようです。残念ながら、それは見のがしてしまいましたが、先週、チャイナタウンに行ったときにドラゴンのライトアップをみることができました。赤い色がとても鮮やかで綺麗でした。



また、今日はこのフェスティバルにあわせて新しく建てられた佛牙寺(博物館)の様子を見に行ってきました。
お参りの人の列がすごかったので中に入るのは断念しましたが、お祭りの雰囲気を感じることは出来ました。周辺ではチャリティーバザーなども開催されていました。


私は特定の宗教を信じているわけではないのですが、日本文化は仏教的価値観をベースに成り立っていると思うので、共通の価値観を感じるアジアの仏教祭日には嬉しい気分になります。

季節を感じに・・・

  • 2007.05.08 Tuesday
  • 16:14
春を感じに日本に帰っていました。
今の時期、関東地方は春の魅力がいっぱいです。
常夏の国の暑さにもそれなりに適応していますが、私はやっぱり春が一番好きです。ぽかぽかした空気の中を歩くだけでしあわせな気分になります。
今年も春に日本に帰ることが出来てよかったなあ。

私が拾った春です・・・。

☆近所にこんな素敵なところがあるなんて知らなかったなぁ。鎌倉の谷戸は大切に守らないといけません。

池面に映る桜にうっとり。


満開です。


散りゆく花びらもまた良し。


未来を感じませんか?



☆都内某所、西郷山公園にて
知る人ぞ知る・・・の場所です。(笑)この日はお天気が悪くてちょっと肌寒かったけど、それもまた春。



☆栃木県にて
新緑まぶしく。



☆群馬県館林にて
樹齢数百年の山つつじは日の光に負けない鮮やかさ。


暖かいから菖蒲も咲いていました。


藤の花の紫はきれいですねー。


川の上になびく鯉のぼり。


☆実家のそばの「フラワーセンター」にて
『立てば芍薬、坐れば牡丹。』これは芍薬です。


バラはこれからが季節ですね。1輪だけ、鮮やかに咲いてました。


チューリップはもうおしまい。でも、この薄ピンク色をカメラに収めておきたくて・・・。



スーパーに獅子舞来る。

  • 2007.02.18 Sunday
  • 22:30
中国系の人が70%以上を占めるシンガポールでは、やはり春節(旧正月)行事がにぎやかです。今年は2月18日が春節でした。
日本でもお正月に幸せを祝って獅子舞を呼ぶ習慣がありますが、中国文化圏でも同じです。獅子舞のルーツは中国ですから当たり前ですが。
ただ、獅子舞(Lion Dance)の趣は大分異なります。
獅子の色が何しろカラフルです。赤や青、オレンジ、黄色、金色といった鮮やかな色が使われています。

旧正月にスーパーに出かけたら、獅子舞に出会いました。シンバルみたいな鐘をガンガンと派手に鳴らしてやってくるのですぐわかります。

まず入り口で、



野菜売り場で、


ハム・チーズ売り場で、


そして最後に大事なレジのところで、



アクロバット的な芸を披露してくれる獅子舞のチームもありますが、こういうお店の前はスペースがないこともあり、獅子は軽く踊るだけでした。
でも、獅子舞の動きがコミカルでかわいかったです。




雨ばかり・・・。

  • 2006.12.19 Tuesday
  • 12:04

ここ数日、シンガポールは雨が続いています。ほとんど一日中真っ黒い雲が空に横たわっっていて、気温もそんなに高くないので日本の梅雨みたい。前から住んでいる人に聞いたら、「雨期とはいっても、こんなことはいままであんまりなかったです。」といういうことなので、異常気象なのでしょうか?
部屋の湿度計は常に70%をさしています。リビングの人口大理石の床も裸足であるくとぺたぺたとくっつく感じ。こういう天気が続くとさすがにちょっと物憂い気分になってきますね。
友達と出かける予定もあるので、明日は晴れだと良いなあ・・・。

お正月の晴れ着!?

  • 2006.01.23 Monday
  • 23:07

ちょっと欲しいものがあったので、ラライサップ市場に行きました。この市場はオフィス街の近くにあるので、昼休みはOLさんたちでいっぱい。お洒落な服やバッグといった身の回りのものからお菓子や果物までいろいろ売っています。結構掘り出し物もあったりするのでたまにぶらりと行く場所です。
今日は、残念ながらお目当てのものは売り切れだったのですが、面白い物を売っているのを発見。
今週末は中国正月。タイの国としては祭日ではないですが、中国系の人たちはお休みをとります。当然中国系の企業はお休み。日系でも中国系の方が多く勤めている企業は休みにしたり、休みでなくてもお休みをあげたりします。
市場でも旧正月用の製品を結構売っていました。その中でひときわ目立っていたのが、赤い中国服のブラウスが並ぶ屋台。皆、結構真剣に選んでいましたが、ほんとに「まっ赤な」服です。週末、これを着ている人がたくさん歩いているとしたらちょっとびっくり。ぜひ、ヤワラート(中華街)にチェックに行ってみたいと思っています。

チャオプラヤ川クルーズ

  • 2005.12.05 Monday
  • 22:55
今日は、国王様の誕生日。



あちこちで花火が上がります。私は毎年恒例のチャオプラヤ川クルーズに出かけました。
今年で4回目ですが、何度見てもこの景色は圧巻。船から花火見物なんてほんとに贅沢な楽しみです。


夜空に浮かび上がるワットアルンの姿は圧倒されるほどきれいでいつも言葉を失います。



動いている船上からとったのであまりいい写真がありませんが、雰囲気だけでも伝わったらいいなあと思います。

王様誕生日前日の夕べ

  • 2005.12.04 Sunday
  • 22:18
明日は王様の誕生日。
この時期、王宮前の広場ではいろいろなイベントが開かれます。
夜、王宮近くの道路や建物もイルミネーションで彩られます。
いままできちんと見る機会がなかったので今年はどんな様子か
見に出かけました。
ついでに前から夫が気になっていたという川向こうにあるレスト
ランにも行ってみました。
タマサート大学前のター・プラチャーン船着場近くにはマーケットが出ていました。
結構いろんなものが売られています。


渡し舟で対岸のワンラン船着場へ。そこから少し歩いたところに、目的の「クルア・ラカントーン」というタイ料理レストランがあります。
船着場からレストランまでの道にはお店が並んでいます。子供が走り回っていたり、店先でおじさんたちがTVを見ていたりして、バンコク庶民の生活が垣間見られて面白いです。

レストランでは川岸の席で食事。見晴らしのいい2階は予約でいっぱいでしたが、1階でも十分楽しめます。
川を眺めながらゆっくり食事。暗くなると、ワット・アルンや王宮のきれいな夜景が眺められます。


今日食べたのは、
<魚団子とココナッツの芽のグリーンカレー>
あっさり目だけど、味のバランスがよかったです。
ココナッツの芽の歯ざわりが楽しい。


<カイヤッサイ(タイ風オムレツ)>
甘すぎず、卵もふんわり。今まで食べたカイヤッサイの中で一番好きかも。


<プラーカポーン(スズキ系の魚)のナンプリックソースがけ>
ソースの味は甘辛でおいしかったけど、お魚がちょっと新鮮味にかけていたのが残念。

タイ人に人気の高いレストランなだけになかなかおいしかったです。
お腹がいっぱいになったところで夜景を見に王宮前広場へ。

案の定、すごい人でした。広場のあちこちにステージが設置され、見物人もすごい。
子供のムエタイ(タイのキックボクシング)の試合などもやっていました。
屋台も物売りもたくさんでていました。まさにお祭り状態です。

でも、楽しそうなタイ人の姿を見ていると、「この国も平和でよかった。」と感じます。
警察官もたくさん警備にでてましたが、ベンチでゆでピーナツ食べながらのんびりしてたり、デジカメいじってたりする方もいたりして・・・。

ラチャダムヌン通りをしばらく歩いて、イルミネーションを楽しみました。
王様の写真がイルミネーションで光ってとってもきれいでした。
毎年このように素敵なお祝いを受ける王様ですが、王様もそれに負けず素敵な方なので、タイ国民が王様大好きなのはうなづけます。




ラムヤイフェスティバル

  • 2005.07.30 Saturday
  • 20:29


天気はあまりよくなかったのですが、王宮前広場で開かれているラムヤイフェスティバルに行ってきました。

ラムヤイの売り上げを伸ばすために開かれたこのイベントはタクシン首相も積極的に宣伝。家の近所にも大きな看板が・・・。


家の近くからエアコンバスでラーチャダムヌン通りまで。
広場に近づくと空に大きなバルーンが浮かんでいるのが見えました。


会場にはテントがたくさん張られ、ラムヤイだけでなく様々なOTOP(一村一品運動)製品が売られていました。


展示コーナーにはラムヤイが花やタクシン首相の写真と共に綺麗に飾られ、ちょっとした高級果物のよう。


25年くらい前までこの王宮前広場ではウィークエンドマーケットが開かれていましたが、今はそれが場所を移動しチャトチャック市場となったそうです。なんとなく昔風の週末市場って感じがしたのはそのせいかな。来ている人たち、みんなのんびり売ってるものを眺めたり、屋台の食べ物を食べたりと思い思いに楽しんでいる様子でした。

私たちも産地直送のラムヤイとラムヤイ蜂蜜、ドライラムヤイを購入。味見したらおいしかったので、つい。

ラムヤイの日本名はリュウガンといい、中国南部原産の果物。タイでは北部の高地地方が産地です。硬い皮を向くと柔らかくて半透明な水分たっぷりの果肉が出てきます。真ん中に大きな種があります。体を温める作用があるので、1年中暑い国のタイでは食べ過ぎるとよくないと言われていますが、ビタミンCやぶどう糖を多く含み栄養価が高いので、疲労回復にもってこいの果物だそう。
確かに、甘さが口いっぱいに広がり後を引く味です。


ラムヤイクィッティオを売っていたので、食べてみました。
これがかなりのヒット!ほんのり甘くてでもおいしくてあっという間に平らげてしまいました。くこの実なども入っていたので、薬膳料理なのかも。また食べたいけど、これは産地に行かないと出会えない味ですね。


タイのOISHIというメーカーでは、ラムヤイジュースを売り出し中。
日本の某コンビニエンスストアにも販売を働きかけているようですが、実現するかな・・・。甘すぎなければ日本人にも好まれる味だと思います。

看板もかわいかった。まん丸のかたちはラムヤイのトレードマークです。



家に帰って、買ってきたラムヤイを食べました。産地直送だけあって、新鮮で甘くておいしかったです。

社会見学会

  • 2005.07.19 Tuesday
  • 20:19
日本人会の社会見学会に参加しました。
見学場所は来年2月に開港予定の新しい国際空港、スワナプーム空港と日系のあられ工場です。
朝8時前にバンコク市内を出発。1時間程でバンコクの東の郊外にある空港の現場に到着しました。
まずビデオや模型などで担当の方からいろいろ説明を受けました。

*新空港の模型図*

来年2月の開港に向けて建設工事は最終段階に入っている様子。アジア最大の空港となるこの新空港、敷地面積は成田空港の3倍、来年導入予定の新しいジャンポジェット機に対応した4000mの長さの滑走路、様々な技術を駆使した近未来的なターミナルビルと話題性抜群です。
現場に近づくと、存在感抜群なターミナルビルが目に入ってきました。管制塔の高さも172mと世界一。残念ながら建設途中の現場には入れませんでしたが、間近から眺めることが出来ました。


アメリカ人建築家ヘルムート・ヤーンの設計によるターミナルビルは他にはないフォルムでとても美しかった。
建設会社の方の説明によると、鉄骨を仕上げ材としてそのまま利用し、柱のない大空間を作っている斬新な設計だそうです。サッカーグラウンド5面分の柱なしの大空間、早く体験してみたいです。
天井は幕とガラスで出来ています。基本的には東京ドームと同じ構造ですが、世界初の3層構造になっています。総面積は東京ドーム4個分に匹敵するそうですが、大きすぎてイメージ沸きませんね。ガラスも特殊な技術が使われています。こちらの総面積も山の手線を幅10mで敷き詰めた規模ということです。


建設会社の方のご厚意で、滑走路をバスで通り、その後少し歩くことも出来ました。
たくさん土止めの袋が置いてあるのでなんだろうと思ったら、2週間前に、一番乗りをしたいがためにセスナ機が無断で着陸したとのこと。どこから何がやってくるか分からないので土止めはその防止策でした。まさにアメージング・タイランドな出来事。
4000mと3700mの2本の滑走路はほんとに大きくまっすぐに伸び、存在感十分。この滑走路から飛行機が飛び立つのが楽しみになりました。

この一大プロジェクトの資金4500億円の約半分は日本政府の円借款供与によるもの。ここにも私達の税金が活用されています。

11時過ぎ、熱心に説明してくださった関係者の方々に感謝しながら、空港の現場を後にしました。

途中で昼食を取り、午後はあられ工場の見学。
花(綺麗な空港)の次はだんご(あられ)でバランス取れてますね。

このあられ工場は日本のM商事さんとK製菓さんが主な出資先のタイの日系現地法人です。規模は世界最大。100種類以上のあられを年間3500トン製造しており、20カ国以上の国に輸出されているそうです。
永○園のお茶漬け海苔のあられもここでつくっているんですって。
従業員の数も1400人ということでびっくり。ちょうど交代の時間に行ったので、たくさんの従業員の方を見かけました。若い女性が多い工場内は白衣を着ているにもかかわらず華やかでした。

ひととおり説明を受けてから、私達も白衣に帽子、手袋をつけ、長靴をはいて工場内を見学させていただきました。
世界基準の工場だけあり、衛生管理はとてもしっかりしています。
工場の中はとても暑く、「えっ!ここで仕事するの!」という環境でした。お餅を焼いているところなのだから暑いのは当たり前なのでしょうが、従業員の人は良く頑張っているなあとあらためて感心。
15分くらい見学しただけで私達は汗びっしょり。でも、製作工程を見せていただいて、お餅が乾燥されて焼かれてあられになる様子がよく分かりました。油は使わずお米だけで作られたあられ菓子は安全な食べ物として欧米でも定着しているようです。日本人は昔からあるおいしいおやつとして当たり前のように食べているけれど、いろんな見方があるんだなあと思いました。
それからあられはもち米から、おせんべいはうるち米(いつも食べてる白米)からできているという違い、初めて知りました。
あられとおせんべいの食感の違いはここから来ていたのだなあ。

汗びっしょりになりながら一生懸命説明してくださったKさんと楽しいお話を交えながらあられ製作の実演をしてくださったMさんの日本人駐在員のおふたりはじめ、暖かく迎えてくれた工場の人たちにはほんとに感謝。タイにいてもおいしい日本のお菓子が食べられる私達は幸せです。

最後にお土産たくさんいただき、大満足で工場を後にしました。
おいしかったし、作る過程を見せていただいてとても親しみがわいたので今度お店で見かけたら買いたいなと思いました。

空港も工場見学も、普段出来ない貴重な体験をさせてもらいました。

雨が降ると・・・。

  • 2005.07.07 Thursday
  • 20:01
今、バンコクは雨期。
雨が降ると、家の近くのスクンビット通りの渋滞はこのとおり。いつも混んでいるけれどさらにひどい状態になります。
バンコクの交通渋滞、もう少しましになってくれるといいのですが・・・。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM