プラナカン料理を味わう。

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 22:16
ぼんやりひつじはまたもやもうすぐ東京に戻ることになり・・・。
友達が集まりを開いてくれました。
かねてから気になっていたプラナカン料理のレストランにて。
コースでいただくのははじめて。皆でワイワイ、ワクワクな感じの円卓、とても楽しかったです。
また、お友達のMさんから一部画像拝借しました。ご協力ありがとうございます。

プラナカン料理は、東南アジアに渡った主に中国からの移民が、地元のマレー系の人々と結婚することによって生まれた料理で、ペナン、シンガポールなど地域差はありますが、おおむね中華料理の食材と調理法にスパイスの味覚が加わった味わいです。
と注釈をつけましたが、味は説明するのが難しい・・・。
とにかく言えるのはどれも美味しかったし、奥深い味でした。


まずはプラナカン料理につきもののBuah Keluak(クルア)という木の実の料理(画像左)から。
実を取りだしてスパイスなどと味付け調理して、また詰め直すという手の込んだもの。
結構辛さはありますが、つくだ煮のようなかんじでご飯が進みます。


Bakwan Kepiting(タケノコと蟹肉入り豚肉のミートボール)
優しい味のスープもミートボールも美味しかった。



Ayam Buan Keluak(クルアの実の鶏肉煮込み)
濃厚。クルアの実が独特の味わい。



Nyona PorkRibs(ニョニャ風ポークリブ・ポークリブの煮込み)
画像左側。濃厚な味わい。甘さが良い感じ。


Lemb Rendang(ラム肉のココナッツカレー煮込み)
甘さと辛さのバランスがとても良くて、今日のメンバーいちおし!の味付けでした。


Ikan Chuan Chuan(揚げ魚の生姜ソース)画面手前。
優しい味付けで美味しかった。


Udan Goren Assam(海老のタマリンド風味揚げ)
タマリンドの酸味はあまり感じず、日本人になじみ深い醤油味の浜焼き風で美味しかったです。



Nyonya Chap Chue(ニョニャ・チャプチェ、キャベツと中華干物の豆ソース煮込み)
キャベツが柔らかくてちょっと甘い優しいソースが美味しかった。

デザートはそれぞれに。


サゴ・グラ・メラカ Sago Gula Melaka 
タピオカとやし砂糖、ココナッツの味の組み合わせは絶妙。


チェンドル Chendol ちょっと味見。緑色のはかんてんゼリー。
豆そのものの甘さとココナッツの甘い味付けがぴったり。

ドリアン・ペンガット Durian Pengat ドリアンのムース。
ドリアンはちょっと苦手なので味見は遠慮しましたが、濃厚な味のご様子。

お腹いっぱい!ごちそうさまでした。
8人揃ったのでにぎやか豪華な夕食になりました。
皆さんありがとうございました。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM