ブータン西部への旅〜4日目

  • 2014.08.13 Wednesday
  • 22:53
4日目 8月13日(水)ティンプー

雨模様の中、朝からハイキング。




ティンプー北部にある、タンゴ僧院へ
タンゴ僧院はドゥク派学僧の高等仏教学校で、仏教学の最高学舎。沢山のお坊さんたちが学んでいます。




ところどころに説法や絵が描いてある石畳の階段のある山道を登っていきます。
説法や絵は、山の上の僧院までの道のりが少しでも辛くないようにとお坊さんたちが作ったものです。

仏塔のミニチュアも。






霧がかかってきました。



途中、キノコを発見!食べられるかどうかわからないので画像だけ。

 途中に仏塔がありました。



お寺まではもうひと頑張り。
雨なので滑りやすい。


ようやく到着。


高等仏教学校を示すプレート。





回廊のある建物の装飾が素晴らしく、中の仏像も素晴らしかったです。
ブータンでは仏像はどこも撮影禁止なので画像はないです。







雨がたくさん降ってきました。







お坊さんがミルクティーとお菓子でもてなしてくださいました。



お菓子はザワ(ZAWA)という、お米を炒って砂糖とバターで味をつけたもの。
日本人には懐かしい香りがするお菓子で、ついつい口に。


雨はなかなか止まないのでゆっくりと山道を降りました。
帰りの方が滑りやすかったです。
登り口まで下りたころ、雨がやんできました。


椅子とテーブルがあって屋根がついたピクニックスペースがあったので、お昼ごはん。
ガイドさんと運転手さんも一緒に。
外で食べるのは気持ちが良いです。


川の水かさが増えていて流れが急。


ペガナの岩絵





パドマサンババ(8世紀の行者、チベットに密教をもたらした。)を描いた大きな壁画は迫力がありました。




緑色にみとれながらティンプーの町方面へ戻りました。

伝統医療院




誰でも受信可能で、無料だそう。
中は撮影禁止。


展示スペースには、スパイスの標本や伝統医学の人体図がありました。
売店でハーブティーを購入。

伝統技芸院



仏画、塑像、木彫り、刺繍、漆といった、ブータンの伝統技芸を教える学校。














授業風景を見学。先生も生徒も熱心。
卒業後の就職率も高いそうです。

少し街中をぶらり。




町の中心にも、伝統建築の建物のお店が並びます。

夕方のタシチョ・ゾンの見学時間までホテルで一休み。

タシチョ・ゾン






官公庁街。知らなければ、気かつかずに通りぬけそうになるくらい小さい。


タシチョ・ゾンの見学時間は、業務時間終了後から日没までだけなので、その間観光客でにぎわう。
入場には身だしなみの制限があるので注意。ブータン人は正装(カムニ)の着用が義務。

ゾンの建物は迫力、伝統建築の技があちこちに生きている。
壁にはみごとな仏画












色の鮮やかさに見とれる。






美しさにやられ、シャッター押しまくり。




 ガルーダの装飾。



 タシ・タゲ(八吉祥)。
チベット仏教の8つのシンボル。








どの装飾も細かさに手抜きがない。



 迫力ある仏画に見送られながらゾンを出る。




ゾンの外ではバラが満開。




サムテリンハウスを臨む(四代国王屋敷)
お人柄を反映してか、控え目に燐とたたずむ。


 ホテルにて。
 夫はパンダビールで晩酌。

この晩、昨夜から朝にかけての雨のせいでホテルの水回りが不調。
でも、ホテルの人は水を汲んでくれたりと親切に対応してくれた。
4日目終了。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM