スリランカ旅行 1日目〜ピンナラワ、ダンブッラ

  • 2013.12.30 Monday
  • 22:31
JUGEMテーマ:旅行

 
年末年始、スリランカを旅してきました。 セイロン紅茶だけでなく、世界遺産やリゾート、自然も多い、歴史深く、魅力的で奥深い国でした。

2013年12月30日

スリランカ航空にて、一路シンガポールからスリランカへ 昼前着。空港にてガイド兼運転手のリーさんと待ち合わせ。 まずはピンナラワにあるゾウの孤児院へ


いきなりゾウさんの行進に出会いました。孤児院では親を失ったり、けがをしたゾウを保護していて、現在は約65頭が暮らしているそうです。


美味しそうに食べています。子ゾウでも1トン近い餌を食べるそうです。


近くの川で水浴び中。気持ちよさそうです。
私たちはこの川に面したレストランで遅めのお昼。
カレーがメインのブッフェ形式でした。
次の目的地ダンブッラまでまだまだ距離があるということで、急ぎめで移動。
道路事情があまり良くなく、道幅も狭いので運転手さん大変です。

夕暮れちょっと手前、なんとかダンブッラに到着。


ここは、入口。大仏さまが博物館になっています。
世界遺産の壁画がある石窟寺院へはしばらく階段を登っていかなければなりません。
ちょっと暗くなりかけていたので急げ急げで登りました。



でも、おかげで素敵な夕日が見られました。


紀元前一世紀に造られた最初の洞窟の中には全長15mの立派な涅槃仏。

 左右の足先が揃っていないのが涅槃像だそうです。
はじめて知りました。



足の裏の模様が素晴らしい。後ろの壁画も緻密。

2番目の洞窟へ。





水で浸食されたあと。上と下の魚の壁画が素晴らしい。
ダンブッラの湧水は枯れることがないといわれているそうです。


この寺院を作ったとされる王様の像。

3番目の洞窟へ。18世紀の建立。



 
沢山の仏像が祀られています。

洞窟は5つありましたが、残りの二つの画像はなしです。
ちょっと急ぎ気味の参拝でしたが、最初の涅槃像に圧倒されました。

 

石窟寺院の外側。後ろに岩がそびえています。


下りてくるとすでに暗くなっていました。大仏様に明かりがともされて幻想的。


ホテルのあるハバラナまではそんなにかからずに到着。
野原の中のリゾートホテルは、パティシエがいたのでブッフェはケーキの種類が豊富でした。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM