フェヌグリーク

  • 2013.11.10 Sunday
  • 22:25
日本ではスパイスとしての種(シード)しか見たことがなかったのですが、この間インド人の方にインド系スーパーの野菜コーナーを案内して頂いた際、葉っぱのことを初めて教わりました。インドではメティ(Methi)と呼ばれ、炒め物やカレー料理に良く使うそうです。葉っぱの形をみると、豆科だということがよくわかります。



玉ねぎと炒めると美味しいと言われたので、フェヌグリークに、玉ねぎ、キャベツ、えのきを入れてにんにくカレー炒めにしました。市販のカレーパウダーに少しコリアンダーシードを加えました。茎の部分は硬いので取りのぞきました。


15分くらい水に浸してから炒めたのですが、それでも苦みが結構ありました。ニガウリと同程度の苦さなので、私は結構好きでしたが。青味も強いので、カレー味と合う感じです。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富なので、これからもうまく料理に取り入れていきたいです。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM