十人十色追加公演 宮城・仙台サンプラザホール 2011.9.17

  • 2011.09.17 Saturday
  • 22:46
東北三県でのライブ。仙台に参加しました。
剛くんもバンドの方々も、私たち観客も一人一人がきっといろんな想いを持って来たライブだったと思います。剛さんの歌声・音色とバンドの方々の音色がそれを昇華してくれたかな・・・。

MCはいろんな意味で絶妙でした。さすがだな、とにかく優しくて暖かい人だなと思いました。
このライブに参加させてもらえたことに感謝をこめて・・・。
いつもながらの覚書きのスタイルですが、ライブ報です。
楽しいことも、いつもの調子で色々話してくれましたが、気に止まった言葉だけ書き留めました。ほんとに箇条書きで失礼します。

剛くん、青地に黒の模様の和風ジャケットスタイルで登場。

♪縁を結いて

想いをこめながら、ハンドマイクで、最初から全力。

(スクリーンテロップ)NIPPONを上から見るとト音記号に見える。NIPPONはMUSICだ。生きていくことはMUSICだ・・・
♪NIPPON

レインボー色の照明がステージ、会場にかかる。

♪音楽を終わらせよう

(スクリーンテロップ)僕から君へと逢いにいくよ・・・
♪Love is the key

(スクリーンテロップ)眠れずに部屋に引きずりこんだ明かりがくれた朝焼けの・・・
♪PINK

(スクリーンテロップ)ここを愛している、ここをとても愛している・・・
♪街

スクリーンに鳥が飛ぶ姿が写る

(スクリーンテロップ)・・・へそっと愛を投げ入れる・・・
♪Say Anything

大人でジャジーなアレンジ

(スクリーンテロップ)大切なものを失った・・・
♪ソメイヨシノ

吸い込まれるような歌声、ステージから一直線に緑のレーザー
紫の照明

(スクリーンテロップ)この今は数々の命の果てにあるのだから・・・
♪時空

(スクリーンテロップ)鼓動は嘘をつかないでと胸をたたいてくれる・・・
♪赤いシンガー

いったんはける。ジャケットを脱いで黒いTシャツ姿で登場。

♪NIJIの詩

<MC>

(牛タンハンバーグ、シソ入り牛タン餃子の話、佐野元春さんのモノマネなどしつつ真剣な話へ・・・。)

海のほうに行ってみた。色々な想い。自分の故郷も今、大変なことになっている。十津川村の知っている人は無事を確認できた。予想を超えた動き、そこに対して向き合って生きている人たち。凄く思ったのは自分がそこに対してどう向き合うかは自分が決めることだと思っている。
奈良で生きているので昔の人はどのように日本を愛して、どんな風に国難を乗り越えてきたか。人の心そんなに変わることはできない。人を愛する愛しかた。今の日本のことを勉強すればするほど、人間は文明に引き寄せられすぎている。

人の心、未来につながる。心は奈良、ふるさとが大好き。
自分ができることできないことを冷静に考えている。人が忘れて行く頃に自分がこういう話をさせてもらうとか、音、歌に込めていくことをやっていこうと思っている。

今、現実を生きている。心が消えていくとき、愛すること、愛されることを伝えることができるような自分でありたい。
自分が全国癒せるような気持ちでやっていく。ひとつのことに対して愛情を集中させるのではなく、まず自分ができることから日本を愛していこう。

人の力、ものすごく大事。エネルギーの話もたくさん出てますが、人は人の力を信じること。日本人は日本人の力を信じることで乗り越えられる。
現実は厳しい。正義と悪があるのもわかっている。悪を理解することで正義を知り、悪を乗り越える。正義があれば怖いことはない。日本の傷、国難を自分なりに乗り越えて、未来に伝えていこうかなと。

『NIJIの詩』は4年前に作った歌。『縁を結いて』の後、震災が起こった。怖い、震えるというファンの方からのメッセージに対して、自分はどんなことをしてあげられるんだろうと。大切な人に対して何かをするという自然なことを邪魔する人がいる。自分はそんな状況で生きているんだなと実感した。

「虹」は、国によっては、龍や、死者が天に昇っていく道と考えられている。「虹」にはいろんな意味があるんだなと思った。震災から半年たって、「虹」というメッセージ、自然界や、神のメッセージを投げようと思った。
その際、東北に対して支援するという意味で、被災者の人と一緒に仕事をしたらいいんじゃないかと思い、東北出身のカメラマンにミュージックビデオを撮ってもらうことにした。6月頃、色々な海を撮ってきてもらった。色々なチョイスの中から、ご自分が愛していた海に潜る力強さを感じた画像を選んだ。直感力で決めた海は石巻の海だった。
この映像が石巻の海だということは、仙台で言おうと思っていた。
直感で選んだ人生を生きている僕は、そのことに素直に納得した。
そのカメラマンのエリアと、僕のゆかりの町は姉妹都市で関係があった。
繋がっている、引き寄せられたのかなといろんなことを考えた。

どうしてファンの人たちが苦しんでいるのに何もできないのか凄く辛い。個人事務所でオフィス堂本だったらできたけど、大人の事情、色々あるんで僕ができる範囲のことしかできなくて、皆を苦しめるかもしれない。
色々な気持ち呼び覚ましたりするかもしれないと思ったけれど、(この画像は石巻の海ですということを)まっすぐに言いたかった。

(次期総理大臣は竹ちゃん!?という話から)
日本はどうなるんだろう。僕たちがアクションを起こせばひとりひとりの力、動きものすごいグルーブ、凄い力になる。
(政治家同士)揚げ足取ってる暇あったら、お前はどうやねん!と思う。
そんなときにちょうどいいことば、何でこんなことをするんだろうと思ったら、「知らんがな」で終わらせればいい。
「知らんがな精神」「しらんがな政権」

人生最大限、できることをやっていこう。空は繋がっている。
僕はよく夜に星を見上げたりしてるんで、皆さんと一緒の星を見上げているかも・・・。フミヤさんみたいですが・・・。

客席、照明明るくして、セッション。
仙台バージョン。”ワン・サウザンド・DAI”でCall & Response

♪Blue Berry


バンドメンバーを下げて、

<MC>
今日のエネルギーを忘れずに。
奈良100年会館で「何かの」ライブします。
フランスで『縁を結いて』を出したい。最初シングルでといったのですが、向こうはシングルという形態がないのでアルバムに。日本人を感じてもらう選曲。ジャケットは自分で作った。
フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、イタリア、ポルトガル、ルクセンブルグ、オーストリア、スイス、デンマーク、ベルギー、オランダの15カ国で発売されます。
僕は自分の国をこんなに愛しているんだよというメッセージ。
フランス人は奈良リピーターが多いので、フランスで出したいという話になった。
楽しい時間をありがとう。今日はいい気持ちで眠れます。
気持ちがひとつになることは難しい。今以上に自分らしく、目の前のことに向き合っていただけたら嬉しい。


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM