堂本剛 平安神宮2010ライブ 10月7日覚書

  • 2010.10.12 Tuesday
  • 23:22
続いて、10月7日の覚書きです。




6日より気温はだいぶ高くて、昼間と同じ格好で見ていられました。席は9列目のほぼセンター。レーザーの光を全体に眺められたのが楽しかった。カーテンのひだのような光が空に舞い、まっすぐな光が天に昇り、虹のような絨毯が現れ、とても幻想的。それにワウワウなリズムの魔力が加わり、音とリズムが空間に揺れた夜。
セットリスト、剛さんの衣装は6日と同じ。ただ、大きな違いがひとつ。それは、彼の顔から髭が無くなっていたこと。ENDLICHERIの時は、髭ありのほうが好きな私はちょっとがっかり。髭があったほうがギターの竹内さんとの雰囲気も合うし、ファンキー度が増すと思うのだけど。
セッションは7日のほうが、慣れたのか自由な感じで広がりありました。今回初めてバンドに参加された、キーボードのSwingoさんも7日のほうが弾きやすそうでした。Swingoさんのキーボードはちょっとジャズっぽいお洒落な音で素敵でした。


<MC>
昔の人は自然と一体になって一日一日を生きてた。
今もレールとかしがらみありながら生きてるが、昔はもっともっと大変だったんじゃないかなあ。
僕は音楽というジャンルを決め付けてないけど、こんなふうに、音楽というもの、ライブをするというのは想像してなかったこと。
不思議で嬉しい気持ち。
神様がたくさんいた日本。
祝詞 踊り 音出したりしながら 向き合って捧げながら生きてた
すべてを捧げること 音楽が一番になる
魂も震えてどんどん前に行く
うまくいかないと思うときほど
ナチュラルに続けるとうまくいったりする
自分のスタイル 自分がこうなんだとはっきり言えることが大事
昔の人々がいろんな思いを抱いてそれを形にしている

ほんま今さあ なにが起こっても不思議じゃない世の中になっちゃってる
考え出すと不思議なもの手に取ってるよねっていう時代
それだけすさまじいことが起こるよねっていう時代
いいとこまじめくさったほうがいいけれど
あんまりまじめくさって生きてもしょうがない
TVとかいろいろ飛んでくるものってどうなのかなあ・・・
占いの話、惑わされず生きるより自分で決めたほうがいい
国も迷っているから僕たちが迷ったらだめ
ライブも、生きているから音を鳴らせる

先祖が一人欠けても(自分は)ここにはいない
自分という人生はものすごく大事
自分らしく、優しく 愛は求めず与えていくことが大事
ステージで見えなくても想像することができる

第六感まで使って感謝の気持ちでライブをする
辛い思いを体に入れて 辛い思いをしたぶん誰かに優しくする
誰かがまた手を差し伸べてくれて進んでいける

自分がここにいる 生きていることを感謝しながら
僕たちの魂 メッセージを捧げていくのでよろしく


☆『Help Me Help Me・・・』即興フレーズ抜書き☆
I love you
夢を誰を誰かが 青空に捧ぐ
I love you I love you
今を青い空に誰かが捧ぐ 
愛している 愛している 愛している
I love you  I love you  I love you
今も誰かに届く
I love you  I love you  I love you
愛している I love you
愛している 愛している 愛している
今を僕をたった一度の愛で 愛している
愛を たった一度の愛を 愛している


<MC>

世の中システマティック。TVつけても温度が無い
自分の魂を無視して表現している人が多くなった。
自分の魂が鳴ってないと感じていくシーンが多くなった
いろんな問題が歪んできているけど
何とかする人が出ていない
言いなりだったりシステマティックに生きている人が多い
ナチュラルに生きること
十人十色。 十人目の前にしたら十人の人に好かれようと思って生きてない
自分が愛したい人、物は自分で決めていく
ただそれができない世の中になっている
感じた音、フレーズをシステマティックじゃなく表現したい
システマティック求めていないと、きっかけを鳴らしていくシーンに辿り着ける
少し前からいろんな時間の中でそう感じた。
自分がやりたい表現に向かって少しずつ歩んでいる
いまここで鳴ったことがすべて
何も決めずに何かをやるというのは大変?無謀?とはちょっと違うけど、でもやる人はあんまりいない
恥かきたくないから 不細工?だから?
でもそういうことすべてひっくるめて自分だと思う
降ってくることばをリリックに変えて 愛に変えて捧げる
音楽は強制ではない
愛を捧げます 全身で受け止めてください



<セッション即興詩>

ねえ この命は ねえ どこへ向かうの
ねえ この命は ねえ 愛をしてるの?
Love 神様 ねえ Love 聞いてよ
ねえ Love 神様 ねえ Love 聞こえてるかい?
あしたのことなんてわからないけど
未来のことを想像するんだ
僕らは 僕らは 生きてきた
ひとつひとつの輝いている光なんだ
もし明日この魂が消えてしまったとしても 消えていってしまったとしても
Love 唱えるよ Love 捧げるよ
Love 奏でるよ Love 空から落とすよ
指先に光る この光が
誰を救えるかなんて分からないけど
そうだ想像してみるんだ
僕の腕の中においでよ
この国の全ての悲しみよ
僕の腕の中においでよ
僕が全てを愛に変えてあげる
Love 神様 ねえ Love 聞こえてるかい?
Love 神様 ねえ Love 聞こえてるかい?
唇を躍らせて 唇を躍らせて今という一度に
心から捧げるよ 愛してるってフレーズを Love 捧げる
ねえ Love 聞こえてるかい?
Love 捧げるよ
Love 届いてるかい?
誰であれ 必要か 知ってる
歴史なんて 本当はそんなにないさ
だってだってだってそうだろ?
今日この日までつなげてきた愛
Love 愛 愛 Love
目を閉じて風の音を聴けば
愛 Love 聞こえてくるだろう 悲しい音が
みんな愛をめざしたんだ
僕らと同じように愛を目指したんだ
だってだってだってだって 僕らと同じように
幾度も人を好きになって
Love 歌歌えよ 捧げた歌を
Love 捧げたいよ
Love 描いたんだよ
たとえいくつもの嘘が歴史にあったとしても
僕という歴史はひとつの嘘なんてないんだ
愛に踊って 愛を生きて
愛を歌って 愛を抱きしめて
愛を咲かせて 愛を咲かせて
空へと捧げて 愛に光になって
Love 生きてるよ Love 生きてるよ
Love Love 生きてるよ
Love Love 生きてるよ Oh
もし僕が世界の全てのことばで愛してるを言えたら
争いは消えるのかな
争いは無くなるのかな
どうして僕らは抱き合えないんだろう
どうして僕らは愛から逃げていくんだろう
Love Love 愛は呼んでるさ
Love Love僕らを呼んでいるよ
Love Love 愛は呼んでるさ 僕らを Love
待っているよ Love Love
愛 Love Love Love 愛 Love Love Love



<MC>

一人ひとりが動けば世の中は絶対動くと信じてる
少し忘れていた自分を探すために
皆と一緒にJoinしましょう!
自分が生きてる中で持っているメッセージをこの場でやらせてもらってよかった。
ナチュラルに表現できた。歴史ある場で音楽ができるっていうことはものすごく素直に言うと楽しかった。




コメント
京都ではお世話になりました。改めてお礼を。
みっちり詳細レポありがとうございます!
一週間、経ってしまいましたね。
時々こちらに訪れて反芻しようかと思ってます。
しかしお寺や神社が良く似合う人です、堂本剛さん。
次はどちらの寺社でしょうか?
  • とっかーた
  • 2010/10/14 10:16 PM
コメントありがとうございます。あっという間に一週間です・・・。また、寺社仏閣でライブやって欲しいなあ・・・関東にもいろいろスペースはあるしと思いました。
私は、トッカータさんの図解つき足の形レポに感動しました。さすが!
  • bonyarihitsuji
  • 2010/10/15 12:27 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM