ENDLICHERI☆ENDLICHERI『CHERI E』ライブ考 〜「スーパーアイドル」から「ソウルアイドル」へ

  • 2010.09.30 Thursday
  • 17:59

ENDLICHERI☆ENDLICHERIこと堂本剛さんがソロ活動を始めた当初、私は、『アイドルからアーティストに進化中』の存在として彼をとらえ、ブログ記事に書きました。あれから5年以上が過ぎていまや彼は立派なアーティストです。そんな彼が今回のライブで、『偶像を超えたアイドルになる』と語りました。単なる人気者ではない、一家言持ったアイドル。それは、ソロでアーティスト活動を始めても、あえて「アイドル」としての自分の存在意義や立場を否定せずにつき進んできた彼らしい発言かもしれないなあと思いました。つまり、彼は、彼にしかできない、彼にしかなれない「アイドルになる」宣言をしたわけです。

「アイドル」の彼に興味を持ち、「アーティスト」の彼にはまった私。
だから、彼が変わらず「アイドル」でいてくれることは嬉しくはあるのですが、一方でライブで彼の才能に直に触れると、やっぱり、単なる「人気者」の枠を超えたもっともっと大きな存在になって欲しいと切に願ってしまいます。だから、ある意味これはそんな勝手なファンの望みを汲み、そしてかなえてくれる発言なのかもと、ライブ会場で思わず微笑んでしまいました。何せ、彼が目指しているのは『偶像をこえたアイドル』なのだから。

そして、今回のライブで彼はこんなことも語りました。
『自分が生きていることを最大限に過ごすことが好きなだけ。音楽でなくてもいい。とにかくみんなとつながりたい。いろんなこと抜きにしてステージに立とう。それがアーティストとしていいかはわからないけれど、ファンの人を愛するってことにとってはいいことだと思うんだ。楽しませたいけど、魂を鳴らしたい。』
『命が終わったら何もできない。記憶として残るかもしれないけれど。
体を使って、自分の最大限の力を使って生きたい。』
『魂が鳴り始めた。何かやりたいと思った。皆さんの魂が鳴るきっかけになればいい。
生きているということ、ENDLICHERIという空間を通して学び取ってもらえたら。』
『システマティックに(音楽を)提供するのもいいけど、「捧げる」ということばが自分に合ってる。みんなで楽しめたらいい。宗教できるんじゃないかと言われる。宗教ということばが良くない。宗教を否定しているわけではないけど。神道では「捧げる」という形で音楽、ファッション、踊りができたので、そういう気持ちでやりたい。』

彼の音楽(特にライブで聴く音)はいつも特別な力で響いてきます。
彼はいつも体一杯で表現します。そこには、彼にしか見えない、感じられない世界と宇宙があって、もしかしたらそれはすでに自分教の世界になっているのかも知れない。でも彼はその世界を決して他の人に押しつけることはしない。とにかく自分の感じたことを音に変えて、最大限の力で放ってこちらに投げかけてくる。ただただ『捧げる』という気持ちで。だから、こちらに響いてくるんだと思う。

ここで私の心に引っかかってきたのが、『魂』つまり『ソウル』ということば。
改めて、思った。彼はどうしてソウルミュージックが好きでそこにこだわりを持つのだろう。
そして、ファンクを奏でるENDLICHERIのライブの後で、もう一度その音楽について再確認してみたくなり、ピーター・バラカン著の『魂のゆくえ』という本を読んでみました。

この本には、ゴスペルからはじまり、R&B、ソウル、モータウンサウンド、ファンク、ディスコ、ヒップ・ホップ、そしてソウルの流れを汲む現在の音楽まで、ソウルミュージックの歴史的変遷がわかりやすく書かれています。また、それぞれのジャンルのお勧めCDのガイドも載っていて、そのページをめくるだけでもいろいろ聴いてみたくなります。本当のところは、いろいろ聴いて感じてみなくてはわからないのがソウルミュージックだろうと思うので、それはこれからまた少しずつ楽しんでいきたいと思っています。
さて、ピーター・バラカンさんは前書きでこう書いています。『ソウル・ミュージックとともに何かがなくなった、とぼく自身はこの頃ずっと感じていて、その何かはいったいどんなものか、その正体をちょっと考えてみたい、そう思ってこの本を書きました。』
そして、むすびでは、『「ソウル」が「魂」ということなら、たとえ音楽の形が変わっても、ソウルは永遠に生き続けるはずです。』『音楽で感情をストレートに表現することを仮にソウルと呼ぶなら、今挙げたさまざまな国の音楽をはじめ、世界のあらゆる国にソウルは元気に存在していることは言うまでもありません。』と語っています。

そうか!『音楽で感情をストレートに表現すること』これはまさに彼がやっていること。ソウル音楽が好きだからその音楽をやっているというよりも、彼がやりたいことがまさにソウルだったからやっているということなんだ。なんだか、すごく納得がいきました。むしろ、何でそんなことに気がつかなかったんだろうと思います。
また、それだけでなく、彼はその先さらに、ソウル音楽というツールを使って、今の時代が失ったものを取り戻そうとしているのかもしれません。

私は、そんな剛くんに今、「ソウルアイドル」という新しい肩書きを贈りたいと思います。
「スーパーアイドル」から「ソウルアイドル」への無限大の飛躍を願いながら・・・。

コメント
すっごく興味深い内容でした。
わたしはソウルとかファンクとかという音楽のジャンルについて勉強しようとすると、そもそもが黒人音楽から発祥したということと、辿ってきた歴史、さまざまに影響し合う音楽ジャンルの話などを読んでいるうちに、結局はよくわからない、釈然としないままに終わってしまうことが多いです。
ファンクについてもそのルーツと、ホーンセクションやパーカスを駆使したリズム優位の音楽の形…というところでぱったり止まってしまい、イマイチわかりきれない感じが残るばかりだったのですが、ソウルという言葉をシンプルに「魂」と訳すことで、ちょっとだけ答えに近づけそうな感じがしました。
見当違いかもしれないけれども(笑)
魂を「心」とか「ルーツ」とか言う言葉に置き換えれば、古代から脈々と続く日本人の「魂」を歌に込めようとしている彼の音楽はまさしく奈良ファンクでありソウルミュージックですね。
黒人音楽がさまざまな現実と隣り合わせに存在するように、つよしさんの音楽も決して夢の中だけには留まれない生身のヒリヒリした世界を含んでいます。
彼が言葉どおり「アイドル」であることはライブに行くたびに確認して帰ってくるのですが(笑)「偶像を超えたアイドル」と言いたい意味がちょっとだけわかりそうな気がしました。
もうちょっと勉強をさせていただいてからゆっくりと続きを話したいです。
来週も一緒に楽しみましょうね〜♪
  • レイン
  • 2010/09/30 11:44 PM
コメントありがとうございます。黒人音楽はいろんな要素が組み合わさっているから、細かいジャンル分けはなくて、究極はやはりフィーリングなんだろうなとバラカンさんの本を読んで思いました。
「ソウル」=「魂」ととらえて良いんじゃないかと私も思います。そうそう、バラカンさんは日本の津軽の音楽をソウルやブルースに近いと表現されていました。彼の音楽もそういったもののひとつととらえて自由に楽しんでいきたいです。
こちらこそ、来週もどうぞよろしく!
  • bonyarihitsuji
  • 2010/10/01 11:43 AM
素敵なエントリーありがとうございます。

レインさんも書いていらっしゃるけれど、私も、ファンクやらソウルミュージックやら・・の解説を読むと迷子の森に迷い込むことが本当に多いのです。
そもそも剛さんの音楽が、時にブリティッシュロックっぽかったり、私の大好きだったイエスのような「プログレ?」みたいに聞こえたりすることもその一因かもしれません。

魂の音楽・・・そう置き換えれば、本当にかちっとはまりますね!奈良に生まれ、日本人の魂を色濃く受け継いで生まれてきたように見える剛さんの音楽が、NARA Funkを奏でているのも必然かと。

思い出せないくらい遠い昔から、ぼんやりひつじさんのライブレポ的なものは切り口がほかの方と違っていて、大好きでした。この間は、「書いて!」とねだってプレッシャーをかけてしまいましたが、私のように、PCの向こう側に無名のファンがたくさんいることをときどき思い出してくださいね。(懲りずにまたプレッシャーをかける私)


来週ご一緒できたらいいな。近々メールさせていただきます。

  • ケリー中毒
  • 2010/10/01 5:12 PM
コメントありがとうございます。ファンク自体も黒人音楽の要素以外にいろんな要素が入っているし、年代によっても違うしでひとくくりにできないですね。また、剛さん自身もブリティッシュな音が好きと語っていたこともあるし、彼の音楽も一般的な?くくりではくくれないのかなあと…。
とにかくいつも全身で歌う彼の姿を何かの形で表現、説明できないかと思って、こういう記事にしてみました。
私は音楽の専門家でないので、かなり勝手なテキストにちがいないと思ったのですが、そこはファンとしての勢いで。(苦笑)
なので、忌憚のないご意見お待ちしています。
これからも、ケリー中毒さんのご期待に添える記事が書けたら良いのですが、ライブのあとはいつもしばらくは、売れない書けない作家状態に…。(苦笑)ちょっと違った切り口で剛さんを語ることで彼の応援ができたらいいなとは思うのですが、素人ながらも「ねらった」記事は書きたくないなと思うとほんとになかなか複雑です。(苦笑)
まあ、引き出しの多い彼だから、また新しい発見ができたらいいなぁ。
こちらこそ、来週はよろしくお付き合いください。
私も当日スケジュールご相談したいのでメールしますね。
  • bonyarihitsuji
  • 2010/10/02 12:17 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM