Φ【完全初回限定盤】(DVD付)+Φ【通常版】

  • 2007.12.06 Thursday
  • 23:32
評価:
KinKi Kids
Jannys Entertainment = MUSIC=
¥ 2,950
(2007-11-14)
JUGEMテーマ:音楽


11月14日に発売になった、KinKi Kidsのアルバム「φ」。
私の手元には11月の終わりに届きました。
ほんとはすぐ宣伝!?したかったのですが、聴くたびに深さを感じ、ひたすら聴いているうちに12月になってしまいました。
10周年記念コンサートに行かれなかった私は、ふたりへのお祝いの気持ちを込めて通常版と限定版の両方を購入したので、通常版アルバムとDVDの感想を書きます。

まずは通常版アルバムのほうから・・・。

デビュー11年目に入ったKinKi Kidsの挑戦の気持ちがいろんなところに見えました。
歌謡曲ムード色濃い曲、スローなバラード、ラップ、16ピートのダンサブルな曲、フュージョンっぽい曲、ほんとに多種多様な音が溢れていました。その音たちのバランス感覚がとってもお洒落。スローバラードの曲での2人のハーモニーも見事。KINKIの曲はいままで、アレンジは工夫していても全体的に歌謡曲の雰囲気が強い気がした(それはそれで好きですが。)けど、今回は洋楽の色がちょっと濃くなったような・・・。バックの演奏もオーケストラあり、エレクトリックな音あり、アンプラグドありで楽しめました。

曲ごとの感想を・・・。

『lOve in the φ』
独特なリズムの曲。セクシーな歌い方が耳に残ります。

『涙、ひとひら』
シングル『永遠に』のカップリング曲。個人的に大好きな曲。
メロディーラインとリズムがかっこいい。

『snapshot』
ちょっと懐かしい感じのメロディ。KinKiの声にぴったりな哀しさ漂う曲。

『the EDGE of the WORD』
スローでシンプルな曲調にふたりのハーモニーがぴったり合っています。

『ラプソディー』
まさに、ラプソディ!という感じ。これもとっても綺麗なハーモニーが聴かれます。甘く、優しい気分になれる曲。(通常版ボーナストラック)

『風の色』
ラテン調のリズムで勢い良く始まります。
でもそのあとの曲調はのびのびと広がりがあり、剛君の良く伸びる声が生きてます。だからなのか、このアルバムの中で私が一番好きな曲です。

『Lose Control』
光一くんソロ曲。彼らしいダンサブルな曲です。インドっぽいメロディーとリズムがコミカル。

『since 1997』
フュージョン色濃い、とってもお洒落な曲。いままでのKinKiにはなかった新しいジャンルではないかなあ。でも、このリズムをうまく歌いこなしてます。ライブハウスで聴きたい感じです。

『unchanged』
剛くんソロ曲。独特の詞とメロディー世界に彼の声がぴったりはまってます。これもちょっとフュージョンぽいかも。とってもお洒落。
これだけの英詞を歌いこなしているのはさすがです。

『BRAND NEW SONG』
シングルカット曲。この曲自体は明るくて好きなのですが、今回のアルバムの中ではちょっと浮いてしまっているかも。たしか、光一くんが雑誌のインタビューで、この曲をアルバムの何処に入れるか迷ったと言っていましたが、苦労のあとが見えるかな。

『銀色 暗号』
『愛のかたまり』、『恋涙』に続く剛君作詞、光一君作曲の合作曲。
今回も女性詞の切ない感じが良く出ていて知らないうちに引き込まれます。
冬に聴きたい一曲です。

『ノー・チューンド』
なんだか素直に励まされる曲。蒼さを感じるメロディーが素敵です。

『永遠に』
徳永英明さん作曲のシングルカット曲。シンプルなバック演奏で歌いあげるバラード。ふたりのハーモニーがとにかく綺麗。

うーん・・・どの曲も良い曲ばかりです。
そして、ついつい、いろんなジャンルの曲を聴きたくなる私には理想のアルバム。大好きな歌声でいろんな音楽が聴けるのだから。



付属!?のデビュー10周年記念コンサートのDVDについて・・・。

とてもアルバムについているDVDとは思えない盛りだくさんの内容。
コンサート(12曲+MC)+2人のトークが入っています。
当日、参加できなかった私のようなファンにとってはまさにKinKiのふたりからの愛情こもったプレゼントに思えて、感激でした。
コンサートの最後に二人が語った想いに、いつものふたりには珍しい熱さを感じました。(まあ、剛君をENDLICHERIさんとして解釈すれば特筆するものではございませんが。)

コンサートシーン全体を通して暖かい雰囲気がずっと感じられて、見ているうちに自分もそこに参加しているような嬉しい気分になりました。これからもずっとずっとこの暖かさを持った、素敵なデュオでいて欲しいな。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM