登り窯のある陶光に行く。

  • 2007.03.21 Wednesday
  • 21:09
今日は登り窯のある陶光にて1日陶芸教室に参加しました。
登り窯は環境を汚すなどいろんな問題からだんだんと失われ、シンガポールでもどうやらここを含めて数箇所になってしまったようです。
街の中心からちょっと外れた場所にあるこの陶光の登り窯はとても大きくて、積み上げられたレンガがちょうど龍のうろこみたいで立派でした。


中国での登り窯の歴史は古く1200年以上前に遡るそう。日本でも伊万里などに残されているみたいですが、やっぱりあまり見ることは出来ませんね。この窯を見られただけでちょっと得した気分でした。

火入れしていないから、中にも入ることができました。
なかは大きなトンネル。


窯の一番奥。ところどころに穴が開いているのは温度調節のためです。


珍しい、脚で回すロクロもありました。シンガポールにはこれとあともうひとつしかない貴重なものだそう。



一通り説明を受けてから作品づくりに入りました。手でこねるのと、ロクロを使うのと二種類作りました。
ロクロはすごい難しかった。力はいるけど、手はあんまり動かしてはいけないので集中力が必要です。何度も失敗して、教えてくれたお兄さんにあきれられた感じですが、なんとか手伝ってもらって無事完成しました。窯で焼いて出来上がるのは2週間後だそうです。楽しみ!

ロクロの作品、みんな上手です。



敷地内にあるお店。種類も大小様々な陶器を販売しています。ただ、売られているものが必ずしもここで作ったものでないのはご愛嬌!?



ちょっと遠いけど、楽しかったのでまた行きたいです。

★登り窯:丘陵斜面を利用して、幾つかの焼成室が連なるように築いた窯のこと。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM