でっかーいしいたけ

  • 2006.01.02 Monday
  • 01:19


お正月に、埼玉に住むおじさんとおばさんが持ってきてくれたしいたけ。
大きいと言う言葉では物足りないので「でっかーい」しいたけ。
焼いてさっとおしょうゆをつけて食べたらとても美味でした。
椎茸好きの方におすすめの一品です。

埼玉県岩槻市にある及川しいたけ園の生しいたけだそうです。
連絡先:048-798-8614

タイで食べる日本!?の味

  • 2005.12.19 Monday
  • 22:44
最近日系の食品メーカーから、新しい日本風味のインスタントカップ麺が発売されました。在住日本人の間では、そのシリーズが「そこそこいける。」と今、話題になっています。(笑)私もさっそく2種類買って食べてみました。

「日○焼きそばUFO」
大きさは日本の半分くらいで、器も四角いです。
言われないと関連性には気づかないかも・・・。



味のほうは、確かにソースっぽい味だけど微妙になんか違う・・・。
タイ人にあわせて濃い目の味付けになっている感じ。
でもまあ、ちょっとお腹がすいたときに食べるといい感じのボリュームで、日本のものと比較しなければなかなかこれはこれでいけます。



次はおなじみの「カップ・○ードル」です。

今まで日本の味はシーフードしかなかったのですが、その名も「Japan」というタイトルで「てんぷらしょうゆ味」と確か、「○○とんこつ味」という名の不思議な名前の味が2種類発売されました。
味の想像がつく「てんぷらしょうゆ味」のほうをとりあえず買って食べてみました。
ちょっと濃い目のしょうゆ味です。でも海老天が入ってる・・・。エビの味はなかなかおいしいけど、ラーメンに天ぷらっていうのがなんか違和感ありました。こちらは日本のものとあまりボリュームが変わらないので軽食になる感じです。



私の好みとしては焼きそばのほうがおいしかったかな・・・。
近いけどやっぱり日本の味そのものではないです。
主な消費者はタイの方々なのでそちら好みの味に合わせざるを得ないのだと思います。でも日本からの輸入物の高いインスタント物を買うなら、まあこれちょっと食べといてもいいかなって思いました。(笑)
興味のある方はぜひお試しあれ!

おいしいイェンタフォー

  • 2005.12.10 Saturday
  • 20:11

「この赤い色は何?」って思うかもしれませんが、腐乳という発酵食品の天然の色です。
イェンタフォーという種類のタイの汁麺です。タイに来てから知って、はまった食べ物。すっぱくてちょっと辛くて、それから力のつくモツ系の具が入っているので元気の無いときとかに食べるといい感じなのです。
このイェンタフォーは家の近所のお店のです。
すっぱさと辛さのバランスがとてもいいし、団子類も美味しいのでお気に入り。

お気に入りのアイスクリーム

  • 2005.11.11 Friday
  • 20:22
夫が珍しく「お土産」下げて会社から帰ってきました。
お土産の中身は・・・この間初めて食べてすっかり気に入ったアイスクリームでした。「やったぁ!」
このアイスクリーム、タイ製なんだけど某有名乳製品メーカーが作っているだけあって、クリーミーでとっても美味しい。
ハー○ン○ッツよりかなり安い値段(35バーツ=100円)でほぼ同じレベルのカップアイスが味わえるのはうれしい限り。ただ、ちょっと場所が家から行きにくいところにあるのが残念です。まあ、近所だったら毎日通ってしまいそうでそれも怖いですが・・・。
今日は私は抹茶、夫はイチゴを食べました。他にもバニラやクッキー&クリームなどのフレーバーが揃ってます。



Umm!...Milk
スクンビット通りソイ23、プラサミットプラザ1階

ラオスのフランスパン

  • 2005.10.29 Saturday
  • 21:27


夫がラオス出張のお土産にヴィエンチャンのフランスパンを買ってきたので、今日の夕食はパンとホワイトシチュー、洋風野菜炒め!?とチーズの洋食献立にしました。
久しぶりにおいしいバゲットが味わえて満足です。
おなかが一杯になったところで、フランスパンをめぐる話をひとつ。(笑)

「何故ラオス土産がフランスパンなのか?」
それはインドシナ半島の歴史と大きく関わっています。
ご存知のように第二次大戦が終わるまでインドシナ半島はタイを除いてすべてヨーロッパ列強国の植民地でした。ビルマはイギリスに、ベトナム、ラオス、カンボジアはフランスに統治された時代が長く続きました。
その時代の名残で、ベトナム、ラオス、カンボジアではフランスパンが今でも作られ庶民の味として浸透しています。街角のパン屋さんのその味は本国と同じとまではいわないまでも、それにかなり近いおいしさなのです。
「だったら、その隣の国タイでもフランスパンはおいしいんじゃないの?」と思われる方も多いかと思いますが、皮肉にも独立国家タイにはフランスパンの文化は伝わらなかったようでした。今でもかなり有名なホテルのフランスパンでも中がスカスカの軽いものだったりしておいしいものにはなかなかありつけません。
とはいえ、今では交流の多い隣国同士、そろそろおいしいフランスパンがタイにお目見えしてもよさそうです。まあ、フランス人がやっているお店にはそこそこおいしいものが置かれるようになりましたが、でもまだお隣の3カ国には負けてるような気がします。

ラオスのフランスパンを味わいながら、今日の食卓の話題もそのいつもの疑問に向かいます。

夫「国が違うといっても川を隔てただけだから気候は殆ど同じなはずなのにどうしてかなあこの差は・・・。」
私「旧フランス植民地にはフランスの小麦が伝わっているんじゃない?」
夫「うーん・・・。塩とかの入れ具合とかが違うのかな・・・。タイのフランスパンは中がこういう風にもっちりしてないんだよな。」

だれかこの疑問を解いてくれる人はいないかなあ・・・。

タイ料理を味わう〜ディンパオにて

  • 2005.10.16 Sunday
  • 23:58
外出の帰り道、タイ料理を食べました。
夫が前に何度か行っておいしかったというお勧めの店。


<ヤム・クン・フー>

ナマズの身をほぐして揚げたタイ風サラダは結構定番だけど、海老の身をくずしたのはここのお店のスペシャルメニュー。海老にタイ風サラダのたれが良く絡んでおいしかったです。



<ゲンチュー・サーライ>
これは定番の辛くないスープ。中国海苔と豆腐、子ねぎ、タイセロリ、豚挽き肉が入っています。
店によって塩辛すぎたり、薄かったりするのですが、ここのは味付けがちょうどよかった。




<鶏とナスのゲンキョワーン(グリーンカレー)炒め>

カレーだと水分が多いけれどこちらは炒め物なのでちょうどいいご飯のおかずというかんじでした。辛さはそこそこ辛くてローカルっぽくってよかった。




ビルの2階にあるのとガラス張りなので店内は明るい感じでのんびりできます。値段も手ごろでメニューも豊富でした。

☆=ディンパオ Dim Paow Thai Cuisine=☆

スクンビット通りソイ23、プラサミットプラザ内
(チョクチャイステーキハウスが入っているビルの2階)

日本料理を味わう

  • 2005.09.01 Thursday
  • 22:15
母の兄弟は仲がよくて折あるごとによく集まっています。今日は8月と9月生まれのおばさん二人の誕生日会。私と従兄弟のIちゃんも加わって藤沢のおいしい和食やさんに出かけました。

9月に入っていたのでお店は秋のよそおい。カウンターに飾られたススキの葉と後ろの丸っぽい飾りがお月見っぽい雰囲気でした。



懐石料理は少しづつ色々なものが食べられるので大好きです。
このお店のお料理は彩りあざやかで、程よく独創的なのでいつも素敵な驚きをもらえます。
さてさて、きょうはどんなかな・・・。

食前酒には梅酒が出てきました。程よい甘さと酸っぱさ、梅のいい香りが口にひろがります。お酒はほとんど飲めないけど、これはOK。

つき出しはイチジクのゴマだれかけと鴨肉のロースト、赤ピーマン添え。
ゴマだれがまろやかでした。


お椀はきくらげしんじょうにまいたけ。
キノコは秋の雰囲気です。誕生日祝いだったので、透明なスープに金粉が舞って華やか。ここのお椀はいつも絶品。


お造りはひらまさの黄ニラ巻きとタコ。タコを辛子醤油で頂いたのが新鮮でおいしかった。


八寸は目にも楽しい。金のお皿にくずの葉の緑が映えます。
白ズイキとウニの和え物、カマスの塩焼き、ナス田楽、焼きとうもろこし、半熟卵のとび子のせ、庄内麩のクリームチーズばさみ、ししとう。
庄内麩クリームチーズばさみが意外でおいしかった。カマスもあぶらがのっていました。やっぱり日本でないとこういうおいしいお魚料理には出会えません。


炊き物はトウガンとニシンと三度豆。三度豆はインゲンのことです。年に三度採れるから三度豆っていうのですって。知らなかった・・・。
煮物の味が優しい甘さ。


ご飯はお赤飯の湯葉あんかけ。意外な感じで目に楽しかったけど、お赤飯好きな私はお赤飯だけの方が良かったかも・・・。


デザートはいつも2種類出てくるので楽しみなんです。

まずはくず焼き。
くず菓子は、くずきりとかくず餅ぐらいしか食べたことないので、不思議な感じでしたが、淡い甘さと食感で結構おいしかった。


お抹茶で一息ついたあと、さっぱりしたぶどうとナシのゼリー寄せがでてきました。ちょっとワインが効いていましたが清涼感いっぱいでいい感じ。器が品良い金銀色でした。



今日も最後までおいしく、誕生日会のおしゃべりも盛り上がりました。
わたしもほんのり秋の味覚を味わえて満足。
日本料理の季節感を存分に味わえるお店です。

日本料理 幸庵
藤沢駅南口徒歩5分
要予約
連絡先:0120-82-6226

大盛りラーメン、バーミー・ジャップ・ガンを食べにヤワラーに行く。

  • 2005.07.24 Sunday
  • 20:13
量が多いことで有名な中華街のラーメン屋台に行ってきました。
夫は20年ぶりだそうで・・・。
値段もいまどき一杯20バーツといつも食べてるクィッティオより安い。お店のある路地はお客さんでにぎわっていました。

火力の強い大きいバーナーの上にのった大きな鍋でおじさんが大量の麺をどんどん茹でていきます。



麺が茹ったら油と万能ネギと調味料で味付けし、チャーシューを盛り付けて、すばやくお客のところに。その様子は、みごとな流れ作業です。



おばさんがどんぶりかさねて運ぶのにはびっくり。そんなわけで、下になったどんぶりの麺はちょっとつぶれてました。



汁麺もあるけど、大量な麺が汁を吸ったらさらに増えそうなので大半の人はバーミー・ヘーンといわれるスープなしの油麺を頼みます。
わたしたちも下手な抵抗はやめて右に倣えで汁なし麺を注文です。それでも、最後の方は、ちょっと飽きてきた感じでした。
味のほうは、可もなく不可もなくと言うところ。実はチャーシューとたまご麺はなかなかおいしいのに、とにかく量が多すぎるからおいしい感が減ってしまうのかも・・・。
チャー・マナーオ(ライム紅茶、アイスレモンティーみたいなものです。)やナーム・ブアイ(梅干ジュース)を飲みながら食べるとバランスがいいです。

興味をもたれた方へ・・・
お店は、チャルンクルン通りのソイ23の路地にあります。

ミニパンケーキ

  • 2005.07.12 Tuesday
  • 23:21

屋台でも売っている、小さなパンケーキ。
ほんのり甘くておいしいです。
これはお店で買いました。
あっという間に10枚くらい食べちゃいます。

意外にいけます。

  • 2005.06.30 Thursday
  • 22:59
今日のお昼ご飯、大好きなスパゲッティーを食べました。
いつも具はインスタントだけなんだけど、今日はインスタントに一味プラス。アスパラとコーンのゆでたのが余ってたんで。
スパゲッティー茹で上がりちょっと前にアスパラとコーンをなべに投入。
麺が茹で上がったら、市販のスパゲッティーソース「ほたてバターしょうゆ味」で和えるだけ。
スパゲティーソースはいろんなところから出てるけど、わたしはここのメーカーの物がお気に入りで、いつも日本に帰ったときまとめ買いしてきます。決してメーカーさんの回し者ではございません。(笑)

ちょっとプラスしただけでかなり変化が出てさらにおいしくなったので、オススメです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM