『高橋大輔 Plus』

  • 2011.01.11 Tuesday
  • 22:24
フィギュアスケートの高橋大輔選手のDVD第2弾が発売されました。

バンクーバーオリンピックの『eye』
トリノの世界選手権の『道』
フレンズ・オン・アイスでの、今期のショートプログラム『Historia de un amor (ある恋の物語)〜MAMBOメドレー〜』
の演技のほか、オフショットの映像も色々入っています。

オフショットでは、ゆるキャラのマイペースな若者にしか見えないけれど、カナダでの合宿や振り付けのシーンからは、フィギュアスケートというスポーツの最高レベルにいる彼のトップアスリートとしての才能と真摯な姿勢を改めて感じました。

そして、彼の演技はとにかく見ている人を虜にする魅力があるなあといつも思うのですが、彼自身がそういう演技を心がけていることがこのDVDを見てよくわかりました。 
『お客さんに新しいことを見せられなくなって飽きられたら、選手をやめる』と語ったのがとても印象的で彼らしかった。
毎回、気づくとTVの前で身を乗り出して彼の演技を見ている自分がいます。
そういう演技をしてくれる選手は彼以外にはいません。
スポーツ競技でありながらも、見せる部分が多いフィギュアスケート。実力や気持ちを高いところに維持してシーズン通して戦うのはほんとに大変だと思いますが、出来るだけ長く選手でいてほしいなあと思いました。


評価:
ポニーキャニオン
¥ 3,046
(2011-01-07)
コメント:振り付けの様子や演技から、高橋くんのスケートに込める想いがすごく伝わってくる素敵なDVDです。また、オフショットの緩さ加減も魅力。

新しい音との出会いー24時間テレビ

  • 2008.09.01 Monday
  • 12:57
昨日はほぼ1日中なんとなく24時間テレビを見ていました。
夕方、谷村新司さんが出ていらして、『いい日旅立ち』を歌われる段になりました。『いい日旅立ち』は私が初めて買ったレコード(山口百恵さん)。久しぶりに聴けるなあと嬉しく思いながら画面を見ていたのですが、最初に聞こえてきたイントロのギターの音色にやられてしまいました。もう、私の目と耳は、脇のギターリストの方に釘付けに・・・。谷村さんの歌よりもギターの音色に耳を奪われました。
そして、音を聴きながら「このギタリストさんは誰?誰か教えて欲しいです!!」という思いが頭を駆け抜けました。
そうしたら、歌が終わったあとに司会の徳光さんが『谷村さんは若いミュージシャンを育成するという、そちらにも尽力されていらっしゃいまして、演奏されましたのは谷村さんに憧れてギターを始めたという、谷本光さんでした。』と紹介してくださったので、すぐその場でネットを検索。
「よかった!出てきた!」CDを早速購入。
 →
そして、ご本人がブログも書かれていらっしゃいました。
 →


昨日の24時間TVのテーマは『誓い』。
エドはるみさんも長年の思いをかなえてマラソンを走られましたが、

彼の強い思い、
『谷村新司さんと共演したい』
『武道館で演奏してみたい』
『24時間テレビに出て演奏したい』、
もかなったのだと、ブログの記事を読んで知って、とっても嬉しくなりました。やっぱり、夢や長年の思いははあきらめてはいけないですね。ブログの文章もいろんな思いが込もったとても素敵なものでした。

谷本光さんのギターの音色は、叙情的だけれどとても力強くて、すごく心に響きます。今度はぜひぜひ生で聴きたいです。
素敵なミュージシャンを紹介してくれた谷村新司さんと24時間TVに感謝です。

レトロな空間

  • 2008.06.29 Sunday
  • 22:17
今日、目黒川沿いを歩いていて見つけたレトロな建物の中にあるカフェとパン屋さん。
建物取り壊しのため、8月で閉店だそう。残念だなー。パン屋さんは原宿店もあるのでパンはこれからも買うことができるけれど、お店に並んでいた天然酵母パンたちがこのレトロな雰囲気にとても似合っていたので、今日初めて行ったのにちょっと寂しい気分。
まだ一ヶ月あるので、その間にもう一回は行っておきたいです。

セピアモードでカフェの中を撮影。白熱電球や足踏みミシンや年季の入った木の柱や天井が子供の頃住んでいた家の雰囲気にそっくりでとっても懐かしかったです。



お土産♪お土産♪

  • 2007.10.27 Saturday
  • 00:07
マレーシアに出張に行った夫に頼んで買ってきてもらった紅茶が着た、来た。
キャメロンハイランドで作られているBOH TEAブランドのマンゴーティーです。
暖かいところで作られているので、茶葉自体の質はあまり良くないみたいなのですが、軽くてのみやすいのでお気に入り。シンガポールにはティーバッグしか売っていないので、茶葉の缶を頼みました。
これでしばらくまた美味しい味が楽しめます。パッションフルーツもおすすめ。

それに加えて、予期せぬお土産も。
インドに行っていた夫の同僚のかたからダージリンファーストフラッシュをいただきました。これも私の大好きな
SAN-CHAブランドです。なんとラッキー!包みもインドっぽくって素敵。この紅茶は淹れ方を間違うとすごく苦くなるのだけど、うまく淹れられる(水色は一般的な紅茶の色よりも薄いオレンジ)とほんとに香り高くておいしいです。
紅茶の抽出時間は3分が普通だけど、若干早めに淹れるといいみたい。
封を開けたら、茶湯の色を公開しますね。
楽しみ、楽しみ。




画家、林宏明さんの個展開催のお知らせ

  • 2007.07.10 Tuesday
  • 13:16
絵は観るのも描くのも好きですが、今回は「観る」ほうのお知らせです。
「ふとした縁」で知り合った、林宏明さんの個展が7年ぶりに銀座で開かれることになりました。自然をテーマに絵を描いている林さんの絵はどこか温かみがあり、とてもほっとする絵です。
残念ながら帰国時期と重ならない私は出かけることが出来ないのですが、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。何かが見つかるかも・・・。

☆ギャラリー近江にて

東京都中央区銀座6-9-16
2007年8月13日(月)〜19日(日)
11:00am〜7:00pm(最終日4:30pmまで)


「ふとした縁」について・・・。

10年ほど前に、友人とスペイン旅行にでかけた時のこと。
アンダルシア地方の白い村(Pueblo Blanco)を見に行こうということになりました。白い村は人気の高い観光地ですが、あちこちに点在しています。あまり時間がなかった私たちは、グラナダから日帰りできるカピレイラという小さな村に路線バスに乗って出かけることにしました。
そのバスの車内でたまたま乗り合わせた一人の日本人の女性から、「カピレイラに住んでいる日本人の画家を訪ねようと思うのですが、ご存知ですか?」と聞かれたのです。
私たち二人は何も知らなかったのですが、「カピレイラは小さな村なので、着いたら誰かに聞けばわかるかもしれませんね」といったようなやりとりをしました。
バスは、途中ランハロンというミネラルウォータで有名な村などを通り過ぎて、カピレイラに無事到着。
ほんとに小さな村でした。でも、白い壁の家々が青い太陽の下で光っていてとても綺麗でした。

画家を訪ねてきた人はスペイン語が話せなかったようなので、私はバス停のそばにある小さなお店のおばさんに、日本人の画家がいないか聞いてあげることにしました。そうしたら、なんとなく一緒にその画家の方にお目にかかることに・・・。
画家の方は市村さんとおっしゃって、とても話し好きのおもしろいおじ様でした。
市村さんのお話は尽きず、彼の逗留場所の村のオスタル(日本で言うとペンションみたいなところ)でお弟子さんたちも一緒にお昼を食べることになりました。その時いらしたお弟子さんの一人が林さんだったのです。

実はグラナダに帰るバスは夕方1本しかなく、晩はグラナダでフラメンコを見る予定だったので、半日、村をのんびりぶらっと歩きまわって帰るつもりだったのですが、なぜか成り行きで・・・。テーブルを囲んで話しているうちにさっきまで快晴だった天気が怪しくなり、バスの時間も近づいて・・・。結局、村はさっとひと回りしただけでグラナダにもどったのでした。
そのときは、友達とふたりで「もっと村を見たかったねぇ」と言いながらバスに乗って帰ってきましたが、そのおかげで、「ふとした縁」が生まれました。

林さんは、感じのいい、優しい雰囲気をもった青年でした。
その当時、まだ絵を描き始めて1年くらいしか経っていなかったのですが、見せていただいた絵の犬の表情がとても優しかったので印象に残りました。
今も、そのときの優しい雰囲気そのままに絵を描き続けている方だと思います。

彼の作品はサイト上でも見ることが出来ます。
こちら→☆☆☆
私は普段はそこで彼の作品を楽しませてもらっています。

くつろぎの器

  • 2006.11.08 Wednesday
  • 14:07

京都でぶらっとしたとき、ちょっとモダンな骨董屋さんに入りました。
骨董屋さんといっても、江戸後期から明治、大正時代にかけての比較的新しいものや、1960年、70年代のデットストック品を主においているようで、価格も手の届く範囲のものが多かったです。昔、実家にあったような、華奢だけど模様がお洒落なコーヒーカップも並んでいました。
器を見るのは大好きだけど骨董品は値段が高いという先入観からいままで購入したことがなかったのですが、ここで価格が手ごろで素敵な柄のお湯のみと出会ってしまいました。
めがねをかけた優しそうな店主のお兄さんいわく、「江戸から明治時代の頃のものです。こういう模様の組み合わせは珍しいのでよろしかったら・・・。」ということでついに骨董品デビューと相成りました。
シンガポールに持ち帰り、京都で買った玄米茶を入れて一服。
そしたら、ちょっと昔にタイムスリップしたような、なんだかふしぎなのんびり感を味わえました。このところ、引越しもあってほんとにばたばたと過ごしてしていたからこういうちょっとした余裕がなかったけど、この器のおかげでまた自分なりのペースを取り戻せそうです。大事に使わなくちゃ。

素敵なイルミネーション

  • 2005.12.25 Sunday
  • 00:21
六本木ヒルズの毛利庭園にKINKI KIDSの二人がプロデュースしたオブジェを見に行きました。
アルバム発売記念のこの企画も今日が最終日。17:00きっかりにブルーのイルミネーションが点灯されると毛利庭園は幻想的な雰囲気に包まれました。


KINKIがプロデュースしたと知らない人たちも楽しそうにゲートをくぐったりオブジェを見たりしていました。KINKIの曲も流れていたので雰囲気はいっそういい感じに。

剛君がデザインしたクマはピンク色で可愛いけど微妙にシュールなのが彼の作品らしくてほほえましかったです。



小さいHクマさんは
ケースの中に入ってライトに照らされていたので写真がうまくとれなかったけれど、こちらのはラメの入ったピンクでサンタさんの帽子を被っていてまた可愛い。



Hクマさんは夜になるとライトアップもされて、後ろにそびえるタワーともバランスがばっちりでした。



帰りがけのけやき坂の景色も息を呑むくらい素敵でした。オレンジ色に浮かび上がった東京タワーとけやき坂を彩るブルーの照明のコントラストが最高。



冬の透明な空気の中でのイルミネーションは引き立ちます。
光がまっすぐに届きやすいからだそうです。
寒かったけど出かけてよかった。
久しぶりに冬の風景を満喫できました。

お台場の夜景

  • 2005.09.11 Sunday
  • 22:31

帰る前に再度楽しむことができたお台場の夜景。
自由の女神もまだ健在だし、ベイブリッジのライトアップも綺麗でなんだかほっとしました。
今回は横浜でもレインボーブリッジの夜景をみたけれど、どちらも甲乙つけがたいです。海をバックにした夜景は心が落ち着くし、日本のライトアップは華やかな中にも柔らかい色合いを持っているなあと感じました。

ペンギンが仲間入り。

  • 2005.08.11 Thursday
  • 22:05
今日、我が家にペンギンさんが2羽仲間入りしました。
といっても勿論本物ではなく革張りのぬいぐるみです。
結構大きいですが、とってもかわいい。
玄関脇においておいたら、帰宅した夫が「なんだ、これ!まあ、ストレス解消のサンドバッグとして蹴って使うのに良いかもな。」と恐ろしいことを言うので・・・。
「だめ!だめ!」っと慌てて言い返した次第です。(笑)
しばらくいろんな場所において見て、ぴったりな居場所を探してあげるつもり。

POPな二人組、 快走中!

  • 2005.07.04 Monday
  • 20:28
Let’s Go!!!
Let’s Go!!!
DEPAPEPE, TAICHI NAKAMURA

歌のないインストゥルメンタルの曲で初のOriconベスト10入りを果たした、DEPAPEPEのメジャーデビューアルバム。
歌番組のビデオをたまたま見ていて彼らに出会いました。
そこで1曲聴いたらどうしてもアルバムが聴きたくなり、通販で購入。日本から送ってもらいました。

DEPAPEPEの曲は歌がないのに、口づさみたくなる不思議があります。
いい感じにPOPだからかな。でも、歌ありの曲とはやっぱり違うのでなにかしながら聴くBGMにもぴったりです。ギターの楽しいリズムと綺麗な音が耳にとっても心地よい。今日は朝から何度もリピートしてしまいました。

それからこのアルバムのもう一つの楽しみはジャケットのかわいさ!
ギターを始めたばかりの私は「こんなギターケースあったら欲しい!」って思ってしまいます。
そして、DEPAPEPEのふたりみたいにギター上手くなったら楽しいだろうなあとも・・・。歌番組ではほんとに楽しそうに演奏していたのでそれも魅力です。

最後にちょっとだけ、収録曲の紹介を・・・。

START(2曲目)・・・初出演した、○・ステーションで弾いてくれた曲。ポップでとても楽しいメロティーなので、思わず口づさんでしまう感じです。ノってる彼らの今の勢いが感じられます。

バタフライ(5曲目)・・・ドラムが加わっているので、ちょっとロックっぽくて渋いお洒落な感じの曲です。

風見鶏(6曲目)・・・午後、紅茶などを飲みながら静かに聴きたい曲。

あたらしい風を吹き込んでくれた彼らの音楽に拍手!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM