プラナカン料理を味わう。

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 22:16
ぼんやりひつじはまたもやもうすぐ東京に戻ることになり・・・。
友達が集まりを開いてくれました。
かねてから気になっていたプラナカン料理のレストランにて。
コースでいただくのははじめて。皆でワイワイ、ワクワクな感じの円卓、とても楽しかったです。
また、お友達のMさんから一部画像拝借しました。ご協力ありがとうございます。

プラナカン料理は、東南アジアに渡った主に中国からの移民が、地元のマレー系の人々と結婚することによって生まれた料理で、ペナン、シンガポールなど地域差はありますが、おおむね中華料理の食材と調理法にスパイスの味覚が加わった味わいです。
と注釈をつけましたが、味は説明するのが難しい・・・。
とにかく言えるのはどれも美味しかったし、奥深い味でした。


まずはプラナカン料理につきもののBuah Keluak(クルア)という木の実の料理(画像左)から。
実を取りだしてスパイスなどと味付け調理して、また詰め直すという手の込んだもの。
結構辛さはありますが、つくだ煮のようなかんじでご飯が進みます。


Bakwan Kepiting(タケノコと蟹肉入り豚肉のミートボール)
優しい味のスープもミートボールも美味しかった。



Ayam Buan Keluak(クルアの実の鶏肉煮込み)
濃厚。クルアの実が独特の味わい。



Nyona PorkRibs(ニョニャ風ポークリブ・ポークリブの煮込み)
画像左側。濃厚な味わい。甘さが良い感じ。


Lemb Rendang(ラム肉のココナッツカレー煮込み)
甘さと辛さのバランスがとても良くて、今日のメンバーいちおし!の味付けでした。


Ikan Chuan Chuan(揚げ魚の生姜ソース)画面手前。
優しい味付けで美味しかった。


Udan Goren Assam(海老のタマリンド風味揚げ)
タマリンドの酸味はあまり感じず、日本人になじみ深い醤油味の浜焼き風で美味しかったです。



Nyonya Chap Chue(ニョニャ・チャプチェ、キャベツと中華干物の豆ソース煮込み)
キャベツが柔らかくてちょっと甘い優しいソースが美味しかった。

デザートはそれぞれに。


サゴ・グラ・メラカ Sago Gula Melaka 
タピオカとやし砂糖、ココナッツの味の組み合わせは絶妙。


チェンドル Chendol ちょっと味見。緑色のはかんてんゼリー。
豆そのものの甘さとココナッツの甘い味付けがぴったり。

ドリアン・ペンガット Durian Pengat ドリアンのムース。
ドリアンはちょっと苦手なので味見は遠慮しましたが、濃厚な味のご様子。

お腹いっぱい!ごちそうさまでした。
8人揃ったのでにぎやか豪華な夕食になりました。
皆さんありがとうございました。
 

インド料理教室にて〜美味なり、海老カレー

  • 2014.10.01 Wednesday
  • 22:00
毎月通っているインド料理教室。
今回のメニューは海老カレー、レンズ豆のカレー、コリアンダーとミントのチャツネ、デーツとタマリンドのスィートチャツネでした。

チャツネはインド料理にはかかせない、添え物として出されるジャムのようなソースのような、調味料のような・・・。
和食にとってのふりかけや漬物のような役割があるような気もします。
チャツネには甘いものと辛いもの、両方あるので、今回はそれぞれの代表的なものを習いました。

 
まずは海老カレー


海老をターメリックなどが入ったスパイスでマリネします。良く混ぜて30分程度置いておきます。
 

クミン、生姜みじん切り、玉ねぎを、玉ねぎが色づくまで炒めます。
炒めたら冷まして、ミキサーにかけてペースト状にします。


マリネした海老を軽く炒めて、取り出しておきます。
ジャガイモも軽く炒めて、取り出しておきます。


みじん切り玉ねぎ、にんにく、カレーリーフ、マスタードシードをよく炒めます。


先に作った玉ねぎのペーストを良く炒め、ターメリックなどのスパイスを入れさらに良く炒めます。


ピューレ状のトマト、*タマリンドペースト、水を加えて良く混ぜます。
塩を加え、5分ほど煮ます。
さらに海老とジャガイモを加えて良く混ぜて煮ます。

海老とジャガイモが煮えたらできあがり!

続いて赤いレンズ豆のカレー

レンズ豆は前の晩から水に浸しておきます。


水を切って、(浸していた水は捨てる。そのまま使うと消化に良くない。)


鍋に入れ、水とチリパウダー、ターメリックパウダー、塩を加えて煮ます。
豆が柔らかくなるまで煮ます。途中で水が足りなくなったら足します。


煮えたら、タマリンドペーストと刻んだコリアンダーを加えます。
別鍋でマスタードシードとニンニクを炒めます。
ニンニクが色づいたら、豆の方に加えます。


さらに少し煮たらできあがり!


左がレンズ豆のカレー、右側が海老カレー。

チャツネの前に、*タマリンドペーストについて説明。
タマリンドは豆科の植物の実で東南アジアなどでは酸味を出すのに良く使われます。
果物に分類されますが、日本人には豆に見えるかも・・・。

半乾燥の物が売っているので水に浸しておいて、しばらくしたら


ザルで漉して種などを取り除き、ペースト状になった果実だけを使います。

今回は海老カレーとチャツネに使いました。海老カレーには甘くないベーストのみを、
チャツネ用には、ペーストと砂糖 (Jaggery:インドのきび砂糖)とデーツを加えてミキサーにかけた、甘いペーストを使いました。

Jaggeryは砕いて使います。味は日本の黒砂糖に似た感じ。



デーツとタマリンドのスィートチャツネ


デーツとはなつめやしの実のことで中東で良く食べられています。
これは生のデーツ。そのまま食べてもおいしいです。


甘いペーストを鍋に入れ、スパイスと塩を加えて火にかけ、とろみがつくまで煮ます。

次は辛いチャツネ、コリアンダーとミントのチャツネ

コリアンダー、ミント、グリーンチリ、生姜、塩、砂糖、レモン汁をミキサーにかけてできあがり。
水分が足りなければ水を少し足します。


材料がどれも軽いのでミキサーにかけてもすぐに上の方にあがってきてしまうので、
スプーンなどで何度か下に落としながらなめらかになるまでかけます。

チャツネのできあがり!



ミントとコリアンダーのチャツネ、手前の方はヨーグルトに混ぜたもの。
結構辛いので、ヨーグルトと混ぜるとマイルドな感じになります。


さてさて、いただきます。


豆のカレーは玉ねぎを使わないので、前の日の晩に豆を浸しておきさえすればすぐに作れそう。
ヴェジタリアンの人が良く食べるカレーだそうです。

海老カレーはちょっとだけ作り方が複雑でしたがその分味わい深かったです。
P先生のレシピは作り方が丁寧でいつも優しい味がします。
 

Chaat(チャート)〜インドのスナック

  • 2014.07.23 Wednesday
  • 20:10
今日は、インド料理の先生とランチ。
Chaat(チャート)という、インドの屋台料理スナックを教えてもらいました。
チャートはもともとは南インドの料理ですが、今はインド全体に広まっているそう。
スナックとはいえ、インド人の間では軽食として人気あり。
朝でも昼でも夜でも食べるとのこと。
ランチ時、他のテーブルの方々も、よく見るとそれぞれ好みのチャートを楽しんでいるようでした。

私にとっては久しぶりの未知の味だったので、食べる前からワクワク。


Pani Puri(パニ・プーリ)

小麦粉でてきた小さなプーリの中にはコーン、玉ねぎ、スパイスなどが入っています。



この中に2種類の液体を注いで食べます。

ひとつはPani、パニとは水の意味。
お水にグリーンチリ、コリアンダー、ミント、塩、ドライジンジャーパウダー、クミンパウダーなどを加えたもので、ちょっとタイ料理のヤム(サラダ)の味付けに似ています。

ふたつめはタマリンドとジャグリ(インドの黒砂糖)と水を混ぜたもの
甘さと酸っぱさがいいかんじ。


タマリンドの水を三分の一位注いで、後からパニを好みの辛さ加減で注ぎ、一気に口に入れます。
一気に食べないと水が飛び出してくるので大変です。
パリッという食感のあとに、水分が来るのでおもしろい。
いわゆるカレーの味がしなくてタイ料理の味付けに似ていた(実際使っているものがほぼ同じ)のが新鮮でした。
食べ方にちょっとびっくりしますが、あっさりと美味しいので前菜にもぴったりです。

*タマリンド:豆科の植物。酸味と甘みがある。


4種類のチャート、盛り合わせ



右上:Sev Puri、左上:Dahi Puri、右下:Bhel Puri、左下:Dahi Wada

Sev Puri:
プーリの上に、細かく切ったトマト、玉ねぎ、青いマンゴーなどにチャツネなどで味付け、揚げたスパイス味の春雨(Sev)をのせたもの。

Dahi Puri:
プーリの上にトマト、玉ねぎ、ヨーグルト、コリアンダーをかけたもの。ざくろものっていました。Dahiはヨーグルトのこと。

Bhel:
揚げたお米とスパイス、チャツネを混ぜたもの。上にのっているのはSev(春雨)です。

Dahi Wada:
ワダというインドのドーナツの上にヨーグルトをかけてスパイスで味付け、揚げ春雨(Sev)、コリアンダーをのせたもの。この上にもザクロがのっていました。

どれも微妙に味が違っておもしろい。
ヨーグルトがドーナツの生地にしみ込むと甘さと酸味がまざってまた美味しかったです。
ちょこちょこつまみやすいからか、後を引く味。
ふたりだったので、この2皿でちょうどいいお腹のふくれ具合でした。
この後、マサラチャイを飲んで、ごちそうさま!

リトルインディアにある、このお店、Kailash Parbatは、以前に教えてもらい何度か出かけていたのですが、いつもカレーを食べていました。
次回からはチャート(Chaat)を食べに行きます。




 

市場にて

  • 2014.03.13 Thursday
  • 16:59
ウェットマーケット(市場)に行ったら、八百屋のおじさんに目新しい野菜を勧められました。
カイランと小松菜の掛け合わせだそうで、シンガポール産とのこと。
シンガポール産の野菜と言うだけでも珍しいのですが、さらに掛け合わせ野菜と言うことで、興味がわきました。
「ニンニクと炒めるとおいしいわよ。」とおばさん。
なぜか時々目新しい野菜を勧められますが、味には外れがないからつい買ってしまう。
市場での楽しみの一つです。


茎はカイランや小松菜よりも大分短い。



葉っぱはどちらかというとカイランに似ているけど、カイランの葉よりも大分柔らかいので食べやすそう。



全体はこんな感じ。なんとなくキャベツにも似た雰囲気。
キャベツとカイランは同じ仲間だから不思議ではないけれど。

今日はここまで。
料理したらまた画像を追加します。

 

春節(旧正月)のお菓子 in 2014

  • 2014.01.31 Friday
  • 17:17
このタイトルで、前にも記事を書いていますが、今年買ったり頂いたりしたお菓子を記しておこうと思いました。



前にも紹介した中華街の大同餅家(TAI TONG CAKE SHOP) の物がほとんどです。
左上の杏仁餅(クッキー)はマカオのメーカー、咀香園餅家のもの。大きな缶に入ったのが一般的ですが、今年は一口大の物を買いました。落雁のような食感ですが、味は杏仁豆腐の味。甘さも程よいのでお茶のお供にぴったりです。
その右隣りは、クエ・パンキッ(大同餅家)、ココナッツ味のメレンゲクッキー
手前、左は野菜の砂糖菓子(大同餅家)昔からある旧正月のお菓子だそう。ココナッツ、レンコン、ニンジン、キンカン、生姜。結構な甘さですが素朴な感じで中国茶と合います。
手前中央はおなじみのLove Letter。ポルトガルに起源を持つお菓子。
そして、手前右が香港のお菓子、エッグ・ロール(美心)。Love Letterと形は似ていますが、エッグと名前がつくだけあって、卵たっぷりなクッキー。夫が頂いてきたものです。
他にもパイナップル・タルトやプラナカンの餅菓子など旧正月のお菓子は色々あるのですが、毎年全部は網羅できず…。
今年もこれにて・・・。


☆以前書いた記事

春節(旧正月)のお菓子
Love Letter
 

ヴェトナムカフェ

  • 2013.08.31 Saturday
  • 15:51
 ビジネス街のビルの一階にヴェトナムカフェを見つけたので入ってみました。

ランチセットはヴェトナムサンドイッチかフォーか春巻きのどれかが選べて、コーヒーか紅茶つき。

ヴェトナムサンドイッチのチキン味にしました。





二つに切って出てきました。甘酢味のにんじんにピリ辛味の鶏肉が良く合って食べやすかったです。値段は850円位でちょっと高めですが、ボリュームは十分。

ランチセットのコーヒーは豆はヴェトナムですが、普通の淹れ方のレギュラーコーヒー。
酸味が少なく香りもあって、マンダリン風ではなかったので飲みやすく美味しかったです。
もちろんメニューにはヴェトナムコーヒーもありました。



お店の方も感じが良かったです。
調べたらヴェトナムだとあちこちにあるチェーンのコーヒー店のフランチャイズ店のようでした。ス○○バックスコーヒーのような展開を目指しているようですが、残念ながらまだ日本にはカフェは進出していないようです。(豆は買えるみたいです。)
シンガポールには他の場所にも何店舗か出来ているようなので、また行ってみようと思います。

TRUNG NGUYEN COFFEE at International Plaza, near Tanjong Pagar Station in Singapore

バンコク茶会

  • 2013.07.30 Tuesday
  • 22:41
 今回、バンコクに出かけたもう一つの目的は、中国茶会への出席でした。




中国茶関連のTwitter仲間の宮崎良子さんのお宅で、講師の須賀努さんに沢山の種類のお茶を飲ませていただき、お茶にまつわる話も色々伺えてとても楽しかったです。

全部ではないですが、紹介していただいたお茶について書いておきます。



蒙頂甘露:四川省雅安で採れる緑茶。
産毛がたくさんで葉もやわらかく、甘くておいしかったです。



緑茶はやはりガラスの茶器で淹れるときれいですね。



寿眉茶(ソウメイチャ):福建省で採れる白茶。
香りが良く爽やかな味。



そして、珍しい黒茶、雲南省の六堡茶をいただきました。

手で握って固めた形。黒茶はプーアル茶だけでないということがわかります。
味はプーアルの生茶に似てコクがあってまろやかでした。
また、日本にも富山県にバタバタ茶という後発酵茶(つまり黒茶)があるそうで、
そのバタバタ茶もいただきました。六堡茶よりあっさりしたまろやかなお茶でした。




観音王(烏龍茶、福建省):茶園の張さんが伝統的な手法で手間暇かけて作っている鉄観音茶、なかなか手に入らない貴重なお茶とのこと。さらに張さんはお年なので来年以降はもう作らないかも知れないそうなので、ありがたく頂きました。香りがとても豊かでほんとに美味しいお茶でした。




安吉白茶(緑茶・浙江省):緑茶なのになぜか白茶という名前を持つお茶。
あっさりと飲みやすい味ですが、やはり白茶ではなく緑茶でした。


土曜日の朝10時〜12時過ぎまで、お茶三昧。
贅沢な時間を過ごせて感謝です。







Ghim Moh Wet Market(ギンモー・ウェット・マーケット)&Food Centreに行く。

  • 2013.07.21 Sunday
  • 16:28
 友達から勧められていた、ギンモー・ウェットマーケットとその隣のホーカーセンターに行ってきました。
地下鉄(MRT)東西線のブォナ・ビスタ(Buona Vista)駅から徒歩約10分。
使われていないHDB(公団住宅)の脇を抜けて行くとありました。

なかなか大きく、果物、野菜、魚介類、お肉、雑貨類となんでも売っていますが、中華系の住民が多いからか、マレー系、インド系のものは少なめ。

市場の中をぶらっとしました。



雑貨屋のホウキがカラフルな品ぞろえ。



果物もいろいろ。
小さいミカン?とリンゴを買いました。

昼になったので、隣のホーカー・センターへ。



チョウフンというお米でできた麺とヤム芋に甘辛のタレをかけたもの。
見た目より辛くなくて美味しいです。

これを食べていたら、前にいたシンガポール人のご夫婦が、自分たちの食べていた
キャロットケーキを「これ美味しいので食べて見ませんか?」と言って勧めてくれました。
遠慮なくちょっと頂いたら美味しかった。残念ながら画像は撮り忘れました。チョウフンのお店の隣のお店のものです。
そのご夫婦としばらく雑談。日本にも何度も来ていて詳しいようで、福島のことを心配してくれていました。

座っていた席の近くにあった、フィッシュボール麺のお店も美味しいと教えてくれたのでそれも食べてみました。今まで食べたことのないピリ辛の味付けでとても美味しかったです。
フィッシュボールは手づくりだそうで、フィッシュボールだけの持ち帰りもOKとのこと。
もちっとしていて新鮮で美味しかった。

画像また撮り忘れたので、店の看板のみ。



ご夫妻によると、シンガポールではこのギンモー・マーケットと私が良く行くチョンバル・マーケットが大きいマーケットで、他のマーケットよりも少し高いけれど牛肉を売っていたり、新鮮なものが多いということです。
美味しいお店のローカル情報がいただけて、偶然の出会いに感謝でした。

結構お腹いっぱい。

おやつは持ち帰り。
列ができていたパンケーキやさん。
焼けるそばから売れていくので、できたてです。
店のお兄さん、愛想よし。日本語でありがとう、と。



専用の大きな鉄板で生地を焼き、具を入れて二つ折りにします。
あんこと、ココナッツ、ピーナツ味を一切れずつ。3切れでS$2でした。





ココナッツとピーナツ。

家に帰ってあんこを食べたら、生地がもちもちでおいしかったです。
日本のパンケーキやホットケーキより弾力がある生地。



食べ歩き終了。

カレーパフ (Curry Puff)

  • 2013.07.13 Saturday
  • 00:13
 カレーパンは苦手なのですが、シンガポールのおやつ、カレーパフはなぜか好き。
マックスウェルフードセンターの中に美味しいカレーパフ屋さんがあると聞いていたので近くまで行ったついでに寄ってみました。結構ボリュームがあるのでお昼代わりです。

チキンカレーパフとフィッシュカレーパフがありましたが、チキンにしました。
ひとつはその場で食べて、もうひとつは持ち帰って家に帰って撮影後、夫のお腹に収まりました。

茹で卵が入っているのがポイント。
カレーの味がスパイスが効いていながらも甘めで食べやすく、パイ生地は厚くなくてサクッとしています。
ジャガイモがごろっとしていてたっぷり入っているのも嬉しい。

また、買いに行きたい味です。一個1.4S$(110円)





英語ですが、詳しい画像を載せているブログがあったので参考まで→


飾り巻き寿司講座

  • 2013.06.21 Friday
  • 19:59
 東京すしアカデミーシンガポール校の飾り巻き寿司3級技能検定講座に参加してきました。

バラの花、四海巻き、梅の花の3種を習いました。一般的な太巻きの巻き方とはちょっと違うやり方にびっくりしながら、なるほどーと感心することが沢山ありました。

まずはパーツを作っていきそれをまとめるという感じです。
クイズみたいなパーツの画像を載せます。どこに使われているものかはご想像ください。





3次元に弱い私。置く向きが重要になる、四海巻きにちょっと苦労しましたが、なんとかクリア。

家に帰ってすし皿に載せたらなかなかの見てくれになりました。





認定証もいただいて、楽しい講習会でした。
最終目標は豚さんの飾り巻き寿司を自分でデザインして作ることです。
今日作った、梅の花の応用になると思うのですが、道のりはまだまだ遠い!?

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SHAMANIPPON

東日本大震災クリック募金

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM